南十字星からQZSS/地球を眺める

スマホQZSS受信環境拡大を追求する

7月5日午前3時QZS-1障害前後の一連のモニタリングデータが説明

2017年07月15日 | GNSS/QZSS
7月5日午前3時QZS-1障害前後のの当方の以下の一連のモニタリングデータは、現在の一見複雑な状況を整理するのに役立ちます。

価格ドットコムのCovia Que機のAzEl正常状態は、以下の当方のモニタリングデータ図からみると、右側のノーマル機が午前3時以前の状況を障害後も維持していることに当たります。

一方、当方が7月13日に購入してセットアップしたQue機は午前3時以降の、以下のショット図でいえば左側のwoBDSS機の状態に入ってしまっていることに相当します。ただしQue機はAzElが無意味な0,0の場合には1分程度で落としてしまうところが、左側のwoBDSS機とはちがうということでしょうか。

以下の図の中央にありますU-blox機のスカイプロットの中の日の丸機の色の変化から障害発生状況が読み取れます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2つのQueのQZS-1受信不調比... | トップ | 7/14-7/15:QZS-1ステルス中→Q... »
最近の画像もっと見る

GNSS/QZSS」カテゴリの最新記事