南十字星からQZSS/地球を眺める

スマホQZSS受信環境拡大を追求する

2017年夏至6月21日近づく、QZS-2の状況は?

2017年06月20日 | 時事・歴史
2017年の夏至6月21日が明日に近づきました。今年の夏至は7年ぶりに増強されたQZS-2号の打上げ成功の中で迎えることができます。先週以来お知らせしているように、QZS-2は夏至の時期のお昼の正午頃に太陽方向と重なる配置となっています。

改めまして、最新のQZS2機の24時間の軌道上での運動アニメGIFを作成しましたので、記録します。先週の2機の衛星の軌道配置と大きな変化は起きていないようです。


左上に取得時刻代わりにファイル名を表示していますから、それを見て頂ければ年月日時分秒まで追えると思います。15分毎のアニメGIFになっています。

NORADのTwo Line Element Set(TLE)などの最新データは以下の通りです。QZS-1の数値には変化が見られませんが、QZS-2の数値には若干の変化が見られます。

QZS-1:
Two Line Element Set (TLE):
1 37158U 10045A 17170.27740230 -.00000067 +00000-0 +00000-0 0 9999
2 37158 040.8490 159.2932 0753353 270.2911 075.4631 01.00278567024806

https://www.space-track.org/basicspacedata/query/class/tle_latest/ORDINAL/1/NORAD_CAT_ID/37158/orderby/TLE_LINE1 ASC/format/tle

NORAD ID: 37158
Int'l Code: 2010-045A
Perigee: 32,615.5 km
Apogee: 38,968.2 km
Inclination: 40.8 °
Period: 1,436.0 minutes
Semi major axis: 42162 km
RCS: 8.9125 m2 (large)


QZS-2:
Two Line Element Set (TLE):
1 42738U 17028A 17169.66781250 -.00000237 +00000-0 +00000-0 0 9994
2 42738 044.7645 289.5711 0752320 269.7629 084.9578 01.00258331000216
https://www.space-track.org/basicspacedata/query/class/tle_latest/ORDINAL/1/NORAD_CAT_ID/42738/orderby/TLE_LINE1 ASC/format/tle

NORAD ID: 42738
Int'l Code: 2017-028A
Perigee: 32,644.1 km
Apogee: 38,978.4 km
Inclination: 44.8 °
Period: 1,437.0 minutes
Semi major axis: 42182 km
RCS:未定

夏至が過ぎて梅雨明け・酷暑の夏・そして秋分と季節がめぐりますが、こうした軌道要素数値がどのように変化して、2つの世界初の楕円軌道上の測位衛星間の同期連携とQZS-2の稼働開始が進むでしょうか。
リオ五輪陸上での400mリレーでの見事なバトンタッチプレイでの銀メダルを思わせるような高度の同期・連携プレイが開始されることを期待しましょう。おそらく8の字の首の部分から目が離せないでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 6/18-6/19:正常受信継続中! 2... | トップ | 6/19-6/20:24時間スマホQZS-1... »
最近の画像もっと見る

時事・歴史」カテゴリの最新記事