スマホみちびき受信総点検しよう 南十字星からQZSS/地球を眺める

スマホみちびき受信状況点検サイト:
QZS主戦場:百億台規模スマホ,IoT
BDSS,Galileo戦略&QZSS

2つのQueのQZS-1受信不調比較ミステリー

2017年07月15日 | GNSS/QZSS
以前4月ころは平安の百九十三の謎などとお騒がせしました。
http://blog.goo.ne.jp/qzss/e/82c5c36ae7d6381ec69ec1a8a0607653

今回、またQZS-1の受信不調に伴って、CoviaのQueスマホ2機の間での不思議な差が起きています。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000960809/SortID=20881983/#20881983
価格ドットコムの皆さんと測定比較をしてきましたが、当方の一定の見解と思われるものが得られましたので、記録します。QZS-1が正常受信できるようになればこの見解の正否が判断できると思います。

今週前半にCoviaのQueスマホがNAQUにもかかわらず正常なスカイプロット・レベルプロットが得られていることを報告しました。
http://blog.goo.ne.jp/qzss/e/2ebc48b18f33c8feb3113b43e4007ab9


そこで勇んで当方はCoviaのQue機を購入してレベルプロットなどのデータの取得を試みました。しかしどうしても価格ドットコムメンバーの結果とはQZS-1について以下の比較図のような食い違いが生じていました。

左図が価格ドットコムメンバーさん、右図が当方の7月13日朝5:20過ぎほぼ同時刻のレベルプロットです。

両図でGPSとGlonassについてはAzElは概ね一致しています。当方も今回は2階の北窓に置いています。大きな相違点はQZS-1です。左図では受信が成功されてAzEl値が正しく表示されています。
当方の図では、QZS-1は表示されていませんが、受信開始時にはAzElが0, 0になって受かりますが、1分くらいで消えます。

昨日夜22時JST過ぎに取得したQZS-1受信直後のレベルプロットです。

これを何回もまた首都圏のいくつかの場所で試しましたが、特に変わりがありません、

多分AzElが0, 0の衛星は無効であると判断して当方のQueスマホは落としているのでしょう。一方で価格ドットコムさんの方では正常に受信できているというミステリーが起きていました。

価格ドットコムさんのQueでは正常にAzElが表示されるのかについての現在での結論は:

価格ドットコムさんが受信は開始したのが5月であったことにあるのではと考えます。
当方のブログでわかりますが、7月5日未明からQZS-1は不調になりました。

それまではQZS-1の軌道情報はQZS-1自身から正常に放送歴として放送されていました。

7月4日以前に購入された方でGPSをONにされた方は、QZS-1の当時の放送歴を正確に受信・更新できていたと思います。しかし当方が購入し入手した7月12日には既にQZS-1は正常な放送歴を放送できなくなっていました。

現状ではGoogleのA-GNSSサーバはQZS系をカバーしていないと思われます。つまりA-GPSダウンロードを繰り返してもQZS-1の航法歴を入手できないのでしょう。従ってQZS-1の受信を繰り返してでもQZS-1ぼAZELは0,0のままで、しばらくして落ちてしまうことが起きていたのでしょう。

しかし7月4日以前の放送歴を受信している方は、自分でリセットしない限りはQUEの中に残っている航法歴の情報が使用可能なのでしょう。

QZS-2打上げ後もQZS-1の軌道には大きな変化は起きていません。そのままでもQUE内で航法メッセージを受信できているかのようになっているのではと思います。多分スマホ内部計算で矛盾がおきるほどの大きな軌道変化はおきていないと思われます。

もったいないですからA-GNSSをリセットせずに現状を維持されて、時々レベルプロットのデータをアップして頂きたいと価格ドットコムメンバーにはお願いしています。

以上が当方の見解です。これが正しいとすると、QZS-1の送信が正常に戻ればCovia Queは受信を回復するのではと期待しています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 7/13-7/14:QZS-1スマホ・ステ... | トップ | 7月5日午前3時QZS-1障害前後... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む