スマホみちびき受信総点検しよう 南十字星からQZSS/地球を眺める

スマホみちびき受信状況点検サイト:
QZS主戦場:百億台規模スマホ,IoT
BDSS,Galileo戦略&QZSS

5/16-17:伊能忠敬命日:1時間毎スマホQZS-1モニタリング正常受信継続中!

2017年05月17日 | 2017/05 スマホGNSS/QZSデータ
伊能忠敬没後200年の2018年5月17日まで丁度1年
伊能忠敬没後199年の命日は本日5月17日
2018年5月18日の太平洋・島サミットPALM2018まで1年と1日
QZS-2の打上げ予定開始の来月6月1日まで後14日です

ASUS Zenfone2インテルAtom版のAndroiTSによるGNSSレベルプロットのスナップショット・タイルのアップロードです。

2017/05/16_13h~05/17_12hJST:ほぼ正常受信が継続しています!

では1時間毎スマホQZS-1の24時間モニタリング情報を記録します。

2017/05/16_13h~05/17_12hJST


2年前にこのブログを書き始めて、アンドロイドスマホであればAndroiTSなどのアプリを載せれば、スマホが本格的なGNSS電波望遠鏡に変身できることに確信しました。そして3.11大震災から5周年を過ぎたころに、伊能忠敬の没後200年の命日を思い出し、その西暦での200年目の命日2018年5月17日が3年毎開催の太平洋・島サミット時期に近いと連想しました。

当方は、南太平洋島嶼国とは2年にわたる非常に印象深い滞在の記憶・記録・経験が頭に残っておりました。そこで以下の記事などを記録したことが、本ブログの使命を固めることとなったという経緯があります。
----------------------------
http://blog.goo.ne.jp/qzss/e/585ef6189d8c3fb0fe41dbfd53782906

伊能忠敬は寛政12年(1800年)から文化13年(1816年)まで、足かけ17年をかけて全国各地を測量し『大日本沿海輿地全図』を完成させ、日本国史上で初めての国土の正確な姿を明らかにされた。中学生以上なら伊能忠敬を知らない人はいないであろう。

そして1818年5月17日(文化15年4月13日)に伊能忠敬は満73歳で没したとされている。

つまり来る2018年は伊能忠敬の没後200年にあたります。
2018年こそは、わが国の測位衛星QZSSが劣勢を挽回する踏ん張りの年として、
まさにふさわしいといえます。
----------------------------

当方は、この記事を書いた時よりもQZSSの増強への問題意識は、より具体的かつ強まっています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 恒例の欧州からのGNSSマーケ... | トップ | 5/17-18:AzEl正常受信継続中!... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む