心理セラピストのひとりごと

日々『トラウマ統合療法』という心理療法を行っています。
日常やセッションで気づいたことなどを書いていきたいと思います。

世界が平和であることを祈ります

2017年02月13日 | 思うこと


昨年行った自然の豊かな場所への旅行で、自分がどのような所へ身を置きたいと思っているのかが改めてわかりました。

大きな木のある自然がいっぱいの場所にいると、それだけで心身共に癒されてとても心地よくなります(^_^)

それからというもの、自然がたくさんある場のいいところを探しています。

先日行った場所は家からも比較的近い所で、トレッキングコースがいくつかあり、1時間半ほどのコースを歩きました。そのコースの折り返し地点には神社があって、そこで感じたことがありました。

護国神社でしたので、戦争で残された遺族の碑もありました。


強くきびしく

やさしかった母

おかげで私がある

お母さんありがとう

私たちのかなしみが

くりかえされることのないように




伝わってくるものがあり、涙がほろりと出ました。

母という存在への想い・・・。

戦争への想い・・・。

亡くなられた方々と取り残された人々への想い・・・。


トランプ大統領のアメリカは、必ず戦争を起こすと分析する安全保障の専門家もいます。

(私は毎年年始には、その年がどのような感じになるのかを自分の感覚、直感で感じているのですが、今年は今までに感じたことがないほどのあまりいい感じがしませんでした。今はその感覚はありませんが、東日本大震災の時にも感じたことがない強烈な感覚が何度かあったので、何か大きなことがなければいいなと思っています。これは私個人に関することだけのサインならいいと思っていますが・・・。いずれにしろ、人も社会も変化していかないといけないシフトチェンジの時代に入ったと感じています(^_^;))


願います・・・。祈ります・・・。

世界が平和でありますように。私たちの命がまっとうされますように。




ホリスティック・セラピー研究所 http://holistic-ti.com



『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性・女性性の時代へ | トップ | 子供の授乳期間による心理面... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。