なおさんブログ

ほぼ水族館
※過去分うみの杜は公開終了※

伊勢シーパラダイス その5

2017-09-23 07:41:16 | 水族館系

写真を厳選したつもりが、その5まで・・これで最後になります。

最後はズリちゃん、ゆるりくんを。

上の写真は、エサの時間直前のズリちゃん。

まだかまだかと待っています(*´꒳`*)


ズリちゃんの握手は力強くて、「魚かもしれないから捕まえて食べてみよう!」って感じがしました・・。

ぎゅーーーっと指を握りますΣ(゚д゚lll)


ズリちゃんは朝は小屋の中で寝ていて、なかなか撮れませんでした。

起きたかな?と思って見に行くと、こんな感じで寝ています。

お尻・・。


起きたと思ったら、今度は泳いでいました。


ここからは、ゆるりくんを。

ゆるりくんの握手は優しかったです(*´ω`)

「さわさわ・・あれ?お魚じゃない気がする・・さわさわ」って感じ。


飼育員さんを熱い眼差しで見る、ゆるりくん。


俺だけ冷房中(ツメナシカワウソの部屋内は全室エアコン有です)。

ゆるりくんのお部屋は、一部お外、2/3が屋根の下で見ることになるのですが、エアコンが無いエリアのため見る人は暑いです・・。
(ズリちゃんのお部屋は完全に屋外でしか見れません)


ゆるりくんは元気いっぱいで、楽しそうな写真が撮れました!

カワウソゥ選挙のキャッチコピー「一緒に遊ぼう♪」がピッタリですね(*´ω`)
(くるりちゃん、ソラくんも選挙出てほしかった・・)


輪っか楽しい(*´ω`*)


でも眠くなってきた(( _ _ ))..zzzZZ


飼育員さん!遊んで遊んで!



缶が好きみたい。


くるりちゃんに似てると思ったシーン。

パイプを大事に抱えていました。


コンセプトの「超ふれあい」は伊達じゃない、満足度500%の水族館でした!
海獣が好きな人には超オススメです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢シーパラダイス その4

2017-09-23 07:35:15 | 水族館系

無事、参加することができた、ツメナシカワウソの赤ちゃん子育て体験。

旅の2日目にダメで、3日目に朝早く並んでやっと・・。
朝2名、昼2名が参加できるイベントで、できるのは赤ちゃんのうちの今だけ(9/24まで)。

飼育員さんにカメラを渡して、撮影してもらうことが可能。
なので、上の写真はボクがチビくんに餌をあげているところです。


ちゃんと噛んで食べていました。

もりもりのお魚を1つずつ、5分ぐらい掛けてあげました。


ちょうだーい・・。

た、たまらない表情ですね(´ω`)


ミルクもあげました(*´ω`)

手は握手したことがあるソラくんの手より、ずっと小さく感じました。


頭を持ちながら。

握ってくる手が・・手がカワイイ(*'ω'*)

毛は柔らかく、体は温かかったです。


ごはんの後はママさんのもとへ。


遊んで食べて寝て・・。


水飲んでるのかな?


スヤスヤ。おててが・・(*´-`)


もぞもぞ。


おもちゃでも遊びます!


泳ぐの大好き!

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢シーパラダイス その3

2017-09-22 19:05:56 | 水族館系

魚館の様子。

海獣を全面に推している水族館ですが、普通?の水槽もあります。

ここは一番奥にある部屋で、アシカショー会場の横にあります。


飼育日数が日本一のノコギリエイ。

水槽前にあるのは帽子?かしら。
(記念撮影用?)


ノコギリエイに因んだ展示も。


ワニガメ。

かなり凶暴、そして長生き。


え?どういうこと?と気になる水槽も多いです。

普通のお客さん(魚に詳しい人向けではない)目線で楽しめるよう工夫されていて、水槽の数は少ないですが楽しめます。


獲ったどーの人が来たそうです!
(本人公認の撮影スポット)



やっと買ってもらえたそう(´ω`)

クラゲって専用の水槽じゃないとダメなんですね。


タッチ水槽のエイ、すごく元気良かったです。

暴れてるんじゃないかってぐらいビチビチ動いてました。
(恐る恐る触りました)


ドクターフィッシュの足湯もあります。

ここに伊勢シーパラオリジナルタオルのガチャガチャがあります。

今回の旅で買い物したのはこれだけかも(;^ω^)
(10枚近く・・)


ごろりんホール。

写真マジックで明るく写っていますが、実際は結構暗いです。

疲れたら、靴を脱いでゆっくりできるなんて、最高ですよね!


おしゃれなテーブル水槽を見ながら、ゆったり出来ます。


水族館が出来た当初はメインだったと思われる回遊水槽。

大きくてたくさんいるのがギンガメアジ。
なんでも食べちゃうそう・・。

裏面も見れるようになっていて、今でも珍しい水槽だと思います!


ゴマちゃんアザラシ海岸の時間。

お触りNGですが、ゴマフアザラシの思うがまま自由に動いてきます。

ゴマフアザラシは警戒心が強いとよく聞きますが、ここの子たちには当てはまらないようですね。


暑いので、たまにジョウロで濡らしていました(。・ω・。)


最初はバーーっとバラバラに出てきますが、ある程度時間が経つと自然と集合(´ω`)

このあと、ゴマちゃんタッチというイベントで触ることが出来ました(写真撮り忘れ・・)


セイウチお散歩タイム。

ほんとに近い!!

しかも触れちゃいます!


タンポポちゃんとヒマワリちゃんは、いろんなこと出来るんですね!



ふと、もしかして・・と思い調べたら、三津シーにいるトドの鉄丸くんは小鉄くんの子供なんですね。
鉄丸くんは、お父さんよりも大きいぐらいの立派なトドでした。
繋がりが分かると、より生き物に愛着が湧きますし、また会いに行こうと思うようになります。

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢シーパラダイス その2

2017-09-22 12:41:22 | 水族館系

金魚かな?と思ったら、パロットファイヤーシクリッドというお魚でした。

なんだろう?と目を引く魚が多いと感じました。



コツメカワウソ起きてる。

かわいい(*´-`)


イルカのトレーニングを見ていたら、何の前ぶれもなくアシカさんが!

コムギちゃん、19歳。
ルーシーちゃんの一つ上ですね。

濡れてるのに肌の色が薄いかなと思い聞いてみたら、
換毛中ではなく、元々こういう白っぽい色だそう。


コムギちゃんはお触りOK!

たっぷりナデナデしました(*´꒳`*)


その後、お客さんの近くを通って帰って行きました。


3日目はムスビちゃん(5歳)が登場!

ムスビちゃんはお触りNGなので、じっくり見ました。


館内へ向かうところ。

どこまでお散歩するんだろう・・?


何か用?みたいな顔のチナツちゃん。

奏多くんがいるものだと思っていた観覧部屋には、ボクがいた間はチナツちゃんがいました。


奏多くんが練習で出てきました!

見慣れない人(ボク)をチラチラ見ていて、とってもかわいいです(*´-`)


ミナミアメリカオットセイのラズちゃん。

体が小さいので、奏多くんと間違えるところでした…


年代物の案内板。

良いですね〜。


アシカショー会場はこちら。

ベンチが3列、その後ろに立見席が4列ほどの小振りな会場。

もしかして、開館当初の50年前のまま・・だとしたら、すごいですね。

ここのプールの中に小さなカニがいて、アシカさんたち気にしてない様子でしたが、飼ってるのかしら?


奏多くんのお父さんのカン太くん。

体重200kgあるそう。

お客さんの輪投げキャッチを担当していました。


巨体を持ち上げての歩行。


ポロンちゃんはよく泣きます(ノД`)


コムギちゃんは高いところからジャンプ!


水泳大会?で負けたポロンちゃんを慰めるコムギちゃん。


なかなかのジャンプ力ですね!


バイバーイヽ(・∀・)


アシカショーの後、えさやり&サイン出し体験に参加。
人数限定、300円で誰でも参加可能。
(ですが、お子さんは餌が投げられず苦労していました)


さぁ来い!とやる気満々チナツちゃん。


サインを出すと同時に芸をします!

できたら、エサをひょいと投げてあげます。

2回指示を出して、合計5つの餌をあげることができます。

なかなか出来ない貴重な体験でした(´ω`)


その3では収まりません・・、その5までは続きそうです。

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢シーパラダイス その1

2017-09-21 18:23:09 | 水族館系

関西旅の2日目、今回の旅のメイン、伊勢シーパラダイス(正式名:伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス)へ。

ツメナシカワウソの赤ちゃん子育て体験イベントに参加したいと考えていましたが・・
朝一のバスで8時過ぎに到着するも・・
すでに6人並んでいて、参加できず(ノ_<)

丸一日、伊勢シーパラの予定でしたが、午後に鳥羽水族館に行って翌日また並ぶことにしました。
鳥羽水族館までは伊勢シーパラからバスで15分ぐらい(400円)と、結構近いです。
結局、伊勢シーパラには2日目と3日目の午前中滞在しました。


9:10から始まる子育て体験の準備中。

明日の予習というか、できるお客さん羨ましい!!と思いながら指を咥えて見てました(;ω;)

赤ちゃん大きくて、大人のツメナシカワウソの半分ぐらいの体重あるそう。


ミナミゾウアザラシの丸子ちゃん(の等身大模型)。

飼育期間世界一(24年)で、亡くなってからも写真撮影用の像が置いてあったり、入口には写真(ブブゼラくんのもありました)が飾ってあったりと、生き物を大切にしているのが伝わってきます。

ツメナシカワウソのチィちゃんも20歳まで生きたご長寿。


ほのぼのした絵がいいなぁと思ったベンチ(*´-`)

ん?こんなに顎がシャクレてるイルカいるのかしら・・?


あっ、いた!!

バハティちゃん、立派な顎をお持ちで・・。


真ん中のお部屋がツメナシ赤ちゃんがいるところ。

メインの建物は全面太陽光が入る透明な屋根で明るいです。
水族館というか熱帯植物園みたい。


すこし右から見たところ。

左がツメナシ赤ちゃん小屋で、右がコツメカワウソ水槽。

ツメナシ赤ちゃんよりもコツメカワウソのほうが小さいので、え?こっちが赤ちゃん?と驚く人が多いです。


コツメカワウソの結ちゃんとムコドノは仲良く寝ていました。




建物のど真ん中にいるモルモットとウサギ。

エサやり出来るみたいです。



ペンギンもメインの建物の中にいて、間近で見ることができます。


別な建物との間にある、ゆるりくんのお部屋。


イルカプールでは朝の健康チェック中。

ショーはありませんが、トレーニングをしていました。


ジャンプも!


キャッチボールは常連さんに教えてもらい、なんとか続けて出来ました。

ちょっとでも失敗すると(口から外れると)、壁打ちして一人遊びに入るので、なかなか難しいです・・(^_^;)


イルカプールの近くにはセイウチ。


アシカ観覧部屋には、ちなつちゃん(´ω`)

ショー会場で練習を見ていたら、「ちなーおはよう」と声が。
ん?と思って見たら、飼育員さんがアシカのちなつちゃんに挨拶していました(*´-`)
練習中も「なんで輪噛むん?」とか「ごめんごめん、魚落としちゃった」とかアシカと会話していて、ブログに書いてあった通りだ!と思いました。
人に接しているようで、いいなぁと思いました。
ここにもしNおねえさんがいても違和感ないというか、溺愛っぷりが似ています(良い水族館ということです)。


まさかの水族館入口前でやる、夫婦トドタイム。

誰でも無料で見れるってすごいと思います。

しかもトドに触れます。


小鉄くんと後ろでヒナちゃんが芸をしているところ。


1トンの巨体を目の前で!


小鉄ジュニアも真似して?岩の上へ。

やっぱり、お腹から飛び込んでいました(^_^;)

撮った写真が多いですが、その3ぐらいまでに収まるかな・・と考えています。

つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加