なおさんブログ

ほぼ水族館
※過去分うみの杜は公開終了※

油壺マリンパーク(2回目)

2017-06-14 20:10:01 | すいぞくかん

3日目、静岡の伊東温泉から3時間(140kmぐらい)かかって油壺マリンパークに到着。

今年の2月に初めて来て、今回2回目。


水族館入り口にある、年代物のタイルアート。

こういうの好きです。


開館50周年プレ企画、マリンパークの歴史展を開催中。

これが見たくて来たと言っていいほど。

今年初めて来た水族館なので、個人的に思い出はありませんが、50年の歴史を知りたくて知りたくて・・。



第3会場まであります。

かなりのボリューム(文字数)で大満足です!


展示の中にあった、アシカのティッシュケース。

きゃー、これ欲しい!

今は売っていないのが残念・・。


外の水槽にいるジャンボくん。

お腹を上にして、飼育員さんに体を預けています。

人懐っこいというか、ジャンボくんカワイイなぁ(*'▽'*)

ちなみに、ジャンボくんは22年飼育しているそう。


噂通り、アシカ島に1頭増えていました。

マリーちゃんは加茂水族館に4年ほど行っていて、今年油壺に帰ってきたアシカさん。

繁殖目的で水族館間で貸し借りすることがあるんですねー。

-----------------------------------
あわしまのミクちゃんがどこ生まれか気になって調べたところ、静岡の動物園で生まれて、
一旦お父さんの生まれ故郷の鴨シーを経由して、あわしまマリンパークに来たみたいです。
動物園では「エース」という名前で、あわしまに来て「ミク(未来)」に改名。

えっ、名前変わっちゃうことあるの??とちょっとビックリです。
1、2歳でなら、違和感(呼ばれたときの)は少ない・・のかな。


アシカ島の清掃日のため、水が少ない状態。

アシカたちは鬼ごっこしているみたいでした。

パンちゃんとマリーちゃんが逃げて、ミナトくんがずっと追いかけています(^_^;)


あっという間に水が入って、ごはんタイムに。

ミナトくんはホント大きい!


夕方のパンちゃん(上)とマリーちゃん(下)。

あれ、パンちゃんのお顔がかなり白い(゚o゚;;
濡れているときはマリーちゃんのほうが白かったのですが、
毛が乾くとパンちゃんのほうが白くなりますね。


キタイワトビペンギンのごはんタイム。

ペンギン島が出来た当初(1984年)は9羽しかいなかったのが、現在では繁殖して30羽以上いるそう。


今年生まれのヒナも4羽ぐらいいました。


コツメカワウソのコテツ父さん。

なんだか眠そう。


嵐はいつも動いているイメージ。


ネスタは犬小屋でスヤスヤ。


あずきとあられは活発に遊びまわっていました。


寄り添うダンデとフク夫婦。


ごまの投げキッス見たいなぁ・・見たいなぁ・・



あっ、これはっ、投げキッス・・かな!?


カワウソの住み家。

平日はこんな感じで人が少なく、好きなカワウソを見放題。

ファンタジアムで練習も見たいし、アシカ島も、ジャンボくんも、そして館内も・・と時間が足りません(^_^;)


ショーの内容(というかテーマ)が変わって、日本昔話風に。


風車をクルクル回して泳ぐサツキちゃん(´ω`)


フンボルトペンギン一家も登場(フンボルトペンギンは展示していないので、ここで一瞬しか見れません)。


バンドウイルカのハードルジャンプ。


ここのイルカは動きがキレッキレで、何回見てもスゴイなぁと思います。


オタリアのオルガンもあります。

昔話の途中で、CM的な感じで音楽会が始まりました( ゚д゚)


アシカDJd(^_^o)

3回ショーを観て気が付きました。
もしかして・・ショーに出ているカリフォルニアアシカはサツキちゃんだけ・・?
マリオとかは高齢っぽいので、バックヤード生活なのかなぁ。
ショーはオタリアが主流になりつつあるのかも。


もちろん、ペン太郎のズル?もあります。


ショーの最後、幕が下りるときも見逃せません!

投げキッスやいろいろな芸をします。


かなりの距離を車運転して疲れましたが、どの水族館も楽しかったです。
油壺は来年の50周年のときに、また来たいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下田海中水族館 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

すいぞくかん」カテゴリの最新記事