映画異様バカ大好き
風の吹くまま気の向くまま
ネタバレ覚悟!
愛しのZ級映画達よ♡

Said the one winning





 殿下のファンの御方の皆様
頼むから どーか ワタクシqの事を
闇討しないでくださーい


プエルトリコって今もCommonwealthだよん

チェックジャーナリズム 界の異端児と称された故ハンター・S・トンプソンの小説を基に、親友ジョニー・デップが製作、主演、企画をこなして映画化した伝記ドラマ。ニューヨークで の生活に疲れ、プエルトリコにやって来たジャーナリストが送る破天荒な日々を描く。監督・脚本は、『ウイズネイルと僕』のブルース・ロビンソン。ジョニー の恋の相手役を注目の新進女優アンバー・ハードが演じるほか、『サンキュー・スモーキング』のアーロン・エッカート、『扉をたたく人』のリチャード・ジェ ンキンスが脇を固める。

ストーリー1960年、ニューヨークでの生活に疲労し切っていたジャーナリストのケン プ(ジョニー・デップ)は、地元紙に記事を執筆するためにプエルトリコへやって来る。個性的なジャーナリスト仲間に囲まれすぐに現地に溶け込んだ彼は、あ る日アメリカ人企業家のサンダーソン(アーロン・エッカート)と知り合う。やがて彼の婚約者であるシュノー(アンバー・ハード)と出会ったケンプ
彼女 に惹(ひ)かれていくが……。

原作者、ジャーナリストのハンター・S・トンプソンと主演のジョニー・デップとは浅からぬ関係
トンプソンはデップを連れまわり、知人に「俺のボディガード」と紹介していたそうで
トンプソンをモデルにした主演ポール・ケンプをデップが演じている。
地味ジミーなデッフ゜殿下の作品である

トンプソンがジャーナリストになるかならないかの時期の話。
1960年、ニューヨークの生活に疲れたジャーナリスト、ケンプ
プエルトリコの地方新聞社に来たぜ
うっひょーん 美女は欠かせない
むはーん。怠惰ライフヌは極楽極上ケンプ
待った!!!!リゾート地に変えようとする企業家サンダーソン(アーロン・エッカード)と出会う

ゴージャスホテル、マンションを作るぜ わははは!ってな計画
ケンプはサンダーソンに「ビジネスパートナーに」とし
是非 記事なぞ好意的に書いてもらうぜと・・・
と・・・と・・・と?!?! アーロン氏のが ガタイ良いんじゃね?!
ケンプ「ジョニデ殿下」は(¬、¬) アヤシイ と思いつつ
警察に捕まっちゃって 保釈された時に保釈金を払ってもらったから
サンダーソンに 反論も反対も出来ないんだよな
んーまー恩義っちゅーかね協力しないとなっちゅーのがあるわけだ
はいはいはいはいはい。出たよ出た出た
アンダーソンの婚約者シュノー(アンバー・ハード)に一目惚れ

 あいしてるぜ べいびー
 あ。いゃぁぁぁんっ 殿下だったら よろしいわぁぁぁぁぁん
 べいびー そのドレスはボクの為に脱ぐんで選んだのかい?
 注 殿下よくアリアリ路線→登場した女性

新聞社の編集長に名優リチャード・ジェンキンス

真赤なシボレーのオープンカー

これは、トンプソンが1960年にプエルトリコの
サンフアンでスポーツ紙「エル・スポルティーヴォ」の仕事に携わった時期に
そこで出会った人々や経験にインスパイアされ書かれた。
何十年も出版されることはなかったが
1990年代にデップがトンプソン宅を訪れていた時に偶然見つけ
1998年に出版された。1998年はテリー・ギリアム監督、ジョニー・デップ主演で
トンプソン原作の映画『ラスベカズをやっつけろ』が公開された年

NYから流れるジャーナリストはプエルトリコの小さな新聞社で書いていて
仲間御一同にゃ守られつつ
ラム酒、タバコのライフであるが
ある日、ある時、女に・・・コホン!o(-"-;)
ある日、ある時、綺麗な女とコホン!o(-"-;) コホン!o(-"-;)
ある日、あの時、ある企みに・・・
さぁ 記者魂で ぶっ壊・・・コホン!o(-"-;)コホン!o(-"-;)
印刷機が無かったら・・・ あ。そっ。そりゃ無いぜ!!!

ハンター・S・トンプソンは読んでたけどさ
なんか ジョニー殿下と関係があるから演じるって
似合わない・・・ あ゛闇撃ちしないでっっ
ハンターを演るには野性で無骨なハゲじゃないんだもん
 がっついてて、男だぜ!!!!!
ドラッグもドランクもバイセクシャルもイケるぜっ
ぐわっはっはー ばばーーーん。そういうの無し


 この感じがハンターには見えないっっっっ (¬、¬) アヤシイ


 ハンターは こんな ぶりぶりの男してない
 ジョニー殿下だと 優しく感じる 因みにんなファッショナブルジャナカッタハズ
・・・ハンターっつったら
クリントン元大統領当選選挙の“Better than Sex”
日本語だと どんなかな~
面白かった・・・
 うーん もっとこー おとこだ おれはっっ ぐわっはっは!
っていうのがあると良かったな
プエルトリコはアメリカの入国審査でok
パイレーツオブカリビアンまんまの海とかもあるし
エルモロの要塞
 因みに リッキー・マーティンやホアキン・フェニックスやラウル・ジュニア
ベニチオ・デル・トロも出身しているプエルトリコ
あ。ホセ・フェラーも 
ホセ・フェラーの3人目の奥様の甥はジョージ・クルーニー



コメント ( 3 ) | Trackback ( 3 )



« グスコーブド... 少年は残酷な... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (KLY)
2012-07-25 01:20:24
ジョニーって役者は何をやらせても上手いし、そもそもカッコいいわなぁ…。でも今回はそれだけだったなぁwwそれ以上言いようが無いですよ。
 
 
 
Unknown (q 闇討は困っちゃう)
2012-07-27 12:00:20
KLYさん
 闇討されたら困るけど
原作者のイメージと殿下のイメージが・・・
違っちゃった
あ。確かに殿下って何をやっても
「かっこいい」のよね
おとこだ おれはっっ むっはっはっは!
が加われば
もっと楽しめたかな
 
 
 
こんばんはー^^ (みすず)
2012-07-29 23:38:31
ダークナイト、良かったのね^^
まだ見てないから、見たら来るね♪

で、これは、面白くはなかったけど、イマイチだった^^;
qさんは本も読んだようなので、きっとより違うなぁって思ったのかも^^

かっこいいジョニーを堪能出来たので、よしとしようと思う・・・
でも、ちょっとぐらいフィクションも入れても良かったのでは?とも思う^^;
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ラム・ダイアリー/The Rum Diary (LOVE Cinemas 調布)
主演のジョニー・デップの親友にして異端のジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの同名小説をそのジョニーが製作・主演で映画化。プエルトリコでの破天荒な毎日を描いた文字通りダイアリーだ。共演にアーロン・エッカート、アンバー・ハード、リチャード・ジェンキン...
 
 
 
ラム・ダイアリー (みすずりんりん放送局)
 『ラム・ダイアリー』を観た。  【あらすじ】  1960年、南米プエルトリコにジャーナリストのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)が降り立った。  地元の新聞社で働き始めたケンプは、記者仲間に囲まれながら、ラム酒を浴びるように飲むという島の生活にすぐ馴染...
 
 
 
「ラム・ダイアリー」 酔いどれ日記 (はらやんの映画徒然草)
ジャーナリスト、ハンター・S・トンプソンの原作を、親友であったジョニー・デップが