森にようこそ・・・シャングリラの森

森に入って、森林浴間をしながら、下草刈りをしていると、自然と一体感が沸いてきます。うぐいすなど小鳥たちと会話が楽しいです

言志四録・・・佐藤一斉(22)

2017-05-16 08:09:57 | 生きる


                 新緑の季節になりました。5月16日                            2月1日の厳寒期の一面です。
           この川は、自宅マンションから10分先の事務所までの通勤で毎日往復します。いずれも午前8時の撮影です。


    言志四録(22)

 
    稀有(けう)に執着するな

     実行する能力が無くして、ただ知っているだけなら、それは空想であり妄想である。
    智慧--判断力--がなくて行うのは、妄動--分別無く行動すること--である。学問に
    志す者は、仮の姿を見て実際の物と思ってはいけない。(11)



     老人会に入会して丁度一年になる。何とか先輩の方々に馴染んできたことを良かった
    と思う。毎月の出席者の中での一番の長老は私より24歳上の女性です。そして、その方
    とは、1日違いの同じ申年、同じ6月生まれです。

     この老人会における出席者の言動を眺めていると、わが道を行く人、お客様なっている
    人、あるいは少しでも何かのお手伝いをしようと周りに配慮がいきわたっている人と様々
    な人達です。集団活動の在り方については70年80年も人生経験を積み重ねた方々なので、
    その理屈は分かっているであろうに、なかなか高齢者かつ定職を卒業してしまうと、その
    人それぞれの性格というか、これまで、どのような人生だったのかを、少し垣間見ること
    ができます。

     御世話役の方が、あまり教訓的、説教的とは言えないまでも、話をするとそれだけで、
    毛嫌いされたり、上から目線だと批判されることもあるようだ。ここのところが、老人会
    運営の難しさであろうと一年間の体験で学んだことです。やはり、他人様から言われるよ
    自分自身でどういう態度であるべきかを自得するよりないと言うことだろう。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言志四録・・・砂糖一斉(21) | トップ | 言志四録・・・佐藤一斉(23) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きる」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。