森にようこそ・・・シャングリラの森

森に入って、森林浴間をしながら、下草刈りをしていると、自然と一体感が沸いてきます。うぐいすなど小鳥たちと会話が楽しいです

徒然草(吉田兼好)・・・賢者の智恵(34)

2017-02-24 08:18:53 | 生きる


    徒然草(吉田兼好)・・・賢者の智恵(34)

    第6章 極める・・・別れがあり、いつかは死ぬ、限りある人生をどう極めるか⑤

    ・「悲愴な決意」は空転のもと、重い決断こそ静かな心で

     不幸にあって深い悲しみに沈んでいる人が、軽率に剃髪して出家を思い込んだりする
     のではなくて、いるのかいないのかわからないくらいに門を閉じてこもって、なにを
     期待することもなく日を送っている。そんなふうでありたいものだ。
                                         (第5段)

     ある人が、法然上人に、「念仏のときに、眠けに襲われて修行を怠ることがございま
     いず、どうやって、この妨げを直したらよいでしようか」と申し上げたところ、「目
     の覚めている間、念仏しなさい」とお答になったのは、たいへん尊いお言葉だった、
     また、「極楽住生は、確かにできると思えばできるものであり、不確かだと思えばど
     うなるかわからないものだ」といわれた。これも尊い。また、「往生できるかどうか
     を疑いながらも念仏すれば、往生する」ともいわれた。これもまた尊い。
                                         (第39段)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 徒然草(吉田兼好)・・・賢者... | トップ | 徒然草(吉田兼好)・・・賢者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きる」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。