森にようこそ・・・シャングリラの森

森に入って、森林浴間をしながら、下草刈りをしていると、自然と一体感が沸いてきます。うぐいすなど小鳥たちと会話が楽しいです

奇跡と偶然

2017-07-13 14:12:06 | 人生
     


     奇跡と偶然

     今ここに私が生きていること。これは奇跡か偶然か。人類が始まって以来、自分の多くの先祖様たちが
    何万年・何千年の間によくぞ私までたどり着いてくれたと考え深く思う時があります。もし、どこかの時代
    において、これまでの経過した時間よりも1時間でもいや一秒でも早く亡くなっていたなら、その後に続い
    ていた子孫たちはの多くがこの世に生を受けることがなかったであろう。このことを想うとき、現在の自分
    は如何に奇跡と偶然の積み重ねにより存在しているのだと驚嘆せずにはいられません。

     自分が今の境遇であることすら奇跡です。どうして兄として生まれなかったか、どうして日本人であ
    ったか、シリアやイラク人として生まれなかったのか、このことは誰も答えを出すことはできない。
     そのように思うと自分の身に降りかかって来る災難や病など誠に小さな出来事にすぎないのではないか。
    自分の奇跡と偶然のこの運の強さを思えばである。

     しかし、そのような理屈を分かっているつもりでも日常生活においていろいろと我儘が顔をだし不満をもって
    しまうのも、人生かもしれません。人それぞれでありますから、それで善しとできればよいし、もし善しと  
    は思えないというのであれば、一度静かに立ち止まって自らの生の奇跡と偶然を考えてみてはどうだろうか。

     このブログで雑草写真を掲載していますが、雑草と言うだけでも彼らに失礼だと思っています。彼等にも
    私達と同じように長年の奇跡と偶然でいまそこに根をはり可憐な花を咲かせて、また来年へと子孫に引き
    継ぐために懸命な努力をしています。時には動物にのっかり、時には風に吹かれながら生き延びる道を求め
    ています。しかし、彼らは人間の価値判断で刈り取られている仲間もいます。それにも負けず毎年目をだし
    続けてる。この逞しさを垣間見る時、家族の問題や自らの病について過剰に思い悩むことは余りにも情けな
    いことではないかと思ったりもします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手紙・・・荒木とよひさ | トップ | じゃがいもの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

人生」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。