森にようこそ・・・シャングリラの森

森に入って、森林浴間をしながら、下草刈りをしていると、自然と一体感が沸いてきます。うぐいすなど小鳥たちと会話が楽しいです

言志四録・・・佐藤一斉(18)

2017-05-12 08:10:22 | 生きる



   言志四録(18)

   寛事は早く、急事は徐(おもむろ)に

    ゆっくりしてよい事は、手早くしてしまうのがよい。そうしなければ、あまり
   ゆっくりし過ぎて、いつまでたってもやれない。急ぎ事はゆっくりやるのがよい
   ---急くなかれ---。もしもそうしなければ、あわてて仕損ずることになる。(115)


    自分はせっかちでやるべき事があればかなり先のことでも手を付けずにおけない。
   大きな課題でもすぐに結論を出してしまいます。そのために、何度もとなく手抜かり
   があったことが度々あります。これは性格と言うか性分だと諦めて、何ら努力をして
   いない。
    29歳の時に、子供生まれて一年目という環境にありながら、会社生活を辞して、
   関西から遠く札幌に自営の道に進みました。今負の返ってみると、その時に慎重
   を期してゆっくり考えていたならば、多分サラリ-マンを辞すことは出来なかったと
   思う。普通、子供が誕生すると特にこれから身を固めてハンパを起こさずに無難な
   結論を選ばなければならないことになっていたと思っています。
    その判断の結果、幸いに今日までこれでよかったと思っています。
    ここで言われている急ぎの事はゆっくりと慎重にやるべしと言われることは、大い
   に反省しなければいけないと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言志四録・・・佐藤一斉(17)... | トップ | 言志四録・・・佐藤一斉(19) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きる」カテゴリの最新記事