森にようこそ・・・シャングリラの森

森に入って、森林浴間をしながら、下草刈りをしていると、自然と一体感が沸いてきます。うぐいすなど小鳥たちと会話が楽しいです

言志四録・・・佐藤一斉(3)

2017-04-24 08:17:01 | 生きる
   言志四録(3)

   清き物は心を洗う

    色の清らかなものは観るのによいし、声の清らかなものは聴くのによいし、
   水の清らかなものは口をゆすぐによいし、風の清らかなのは吹かれるによいし、
   味の清らかなものは好によいし、香りの清らかなものは嗅ぐのによい。このよ
   うに、総て清らかなものは、われわれの心を清めるに足る。 (282)


    私が18歳の時、初恋の彼女が一流の化粧品企業に就職されました。ある日彼女が
   「化粧品で顔を綺麗にすることに疑問を持っている」と、つまりそれは作り物の姿
    で真実の自分ではないのではないか、そのような仕事に携わっていることに疑問
    を抱いているということであったと思う。
     その彼女の言葉にきっちりと答えることができなかった。見た目だけではなく、
    化粧をすることにより、また気分も明るくなってそれにつれて心もきれいになる
    道というか、考え方があるのではありませんかと、それから大分年月が経過して
    そのように言ってあげればよかったかと思うことがあります。勿論そのような思
    いは彼女は当然分かっておられたと思う、心の清き人との出会い、若き日の淡い
    思い出としてそのことを心の奥にしまってあります。
     あの時から数年後に、私は自ら希望して繁栄を通じて物も心も豊かになりまし
    よう」ということをモット-にしている研究所に出向しました。心の奥底に留め
    置いていた当時の彼女の言葉が私の仕事に良い影響を与えてくれたと思っていま
    す。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言志四録・・・佐藤一斉(2) | トップ | 言志四録・・・佐藤一斉(4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。