森にようこそ・・・シャングリラの森

森に入って、森林浴間をしながら、下草刈りをしていると、自然と一体感が沸いてきます。うぐいすなど小鳥たちと会話が楽しいです

言志四録・・・佐藤一斉(13)

2017-05-06 08:14:32 | 生きる

      言志四録(13)

      豫(よ)の意味

       病気を、病気にかからない前から十分に用心するならば、病気にはならない。
      それと同じように、憂いことを、愁い事のないうちによく考えて行動しておくな
      らば、憂い事は起こらずにすむ。このように事前に準備することを豫といっている。
      事前に準備するという豫は、楽しむという意味の豫楽の豫と同一である。(148)


       豫という漢字も使い方も初めで知った。人生全般において準備することは極めて
      大切であり、常識的に考えられています。現在の自分は全て、過去の積み重ねの結
      果の必然的な現象であるだろう。病気でいうなら、ケガはともかく、病気は全て過
      去の行いの結果の表れである。つまり、暴飲暴食、過労の連続、ストレス等の蓄積
      の結果美容器を発生してしまうのでしよう。それらを日常生活において如何に受け
      入れないようにしていくかである、習慣は第二の天性だと先人は教えている。
      高齢者になって初めて気が付くお粗末をぬぐえない。  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 言志四録・・・佐藤一斉(12)... | トップ | 言志四録・・・佐藤一斉(14) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生きる」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。