外国語学習の意味、そして母国語について考えましょう

社内公用語の英語化、小学校での英語の義務化など最近「英語」に振り回され気味ですが、何故、どの程度英語を学ぶか考えます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊藤博文はどれくらい英語ができたか。2/3

2016年09月18日 | シリーズ:日本人の英語

 

伊藤博文はどれくらい英語ができたか。2/3

 4カ国連合艦隊の攻撃前には、伊藤は英国公使、オールコック、通訳、アーネスト・サトーと交渉し、戦後の講和交渉では高杉晋作の通訳を務めました。その後も、武器取引、外国人殺傷事件の通訳、交渉係を担当する間に、1968年の明治維新を迎えます。

1864年の第一次長州征伐に際しては、「私の人生において、唯一誇れることがあるとすれば、この時、一番に高杉さんの元に駆けつけたことだろう」と語っています。逆に言うと、その後の維新の動乱を通しても、英雄的な活躍はあまりしなかったということです。歴史には、アイゼンハワー米国大統領のように、戦時の英雄が戦後リーダーになる例が多いのですが、伊藤が総理大臣になった経緯はまったくそういうものではないようです。 


岩倉使節団維新後の海外渡航は頻繁です。1870年から71年にかけては貨幣制度調査のために渡米、1971年11月には、岩倉使節団の一員として再渡米。31歳の伊藤は、サンフランシスコで、「日の丸演説」と呼ばれる演説を英語で行いました。これが文書で残されている伊藤の英語力の、最初の証です。

以下は、1,200語からなる原稿の一部です。教科書のような模範的は英語です。 

Within a year a feudal system, firmly established many centuries ago, has been completely abolished, without firing a gun or shedding a drop of blood. These wonderful results have been accomplished by the united action of a Government and people, now pressing jointly forward in the peaceful paths of progress. What country in the middle ages broke down its feudal system without war?

「過去数世紀にわたって確立していた封建制度は、1年以内に完全に廃止されました。その間、一発の銃声もなく、一滴の血も流されませんでした。このすばらしい結果は政府と人民による共同の作業によって達成されたのです。今や、政府と人民は力を合わせて進歩を平和裏に達成することに余念がありません。世界のどこに、戦争を経ずして、中世の時代にあった一国がその封建制度を打ち破った例があるでしょうか。」 


イギリス公使館のフランシス・アダムズは「伊藤の英語は流暢だった」と述べています。ワシントンの日本代表部職員であったCharles Lanmanは『伊藤博文伝』で、「歓迎の辞に応えて伊藤副使ははっきりとした声で次の答辞を述べたので、聴衆はその言わんとするところをよく理解できた」と述べています。ネット上の記事を読むと、ナショナリスト的な気分での、「よくやった」という趣旨の論評がほとんどですが、まれに、「まあ、たいしたことはなかった」と言う意見も見つかります。原稿作成においては、Lanmanら、米国人との共同作業が行われたと思いますが、常識で考えますと、やはり、かなり上手に話せたのではないでしょうか。

若い伊藤博文そう考える理由は二つあります。一つ目の理由は、長州ファイヴ、英語での交渉、米国視察など、密度の高い英語経験があるということ。『福翁自伝』にみられる福沢諭吉の英語学習経験よりも、さしせまったものがあったでしょう。福沢の英語学習はあくまで知的探究心が原動力でした。

もっとも、海外経験が多くても、学習動機が少ない人は外国語能力が伸びませんが(特派員や外交官にそういう人が見られます)、若い頃から、そして、首相になったあとも英語学習の動機が大変強かったことを考えると、この時点で、大観衆を前に英語で演説をする自信がついていたことに不思議はありません。安倍首相も、米国議会での演説では、英語能力には不足はあっても、達人といわれた宮沢喜一などより、ずっとコミュニケイション能力を発揮したようですが、100年以上前の伊藤の演説の意義は、それと比べてみるとより分かります。

 演説は以下のように結ばれています。「日の丸演説」と呼ばれるゆえんです。

"The red disc in the centre of our national flag shall no longer appear like a wafer over a sealed empire, but henceforth be in fact what it is designed to be, the noble emblem of the rising sun, moving onward and upward amid the enlightened nations of the world." 

Page 16. The Japanese in America by Charles Lanman  London : Longmans, Green, Reader and Dyer. 1872.

「私どもの国旗の中心に位置する赤い円形、これは、もう、わが帝国を封筒に押し込める赤い封蝋には見えることはなく、昇る太陽を象徴する高貴な刻印という、元来の意味として人々の目に映ることになるでしょう。これからは、世界の文明国に伍して、前進し、向上する旭日を意味することになるでしょう。」

つづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊藤博文はどれくらい英語が... | トップ | 伊藤博文はどれくらい英語が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

シリーズ:日本人の英語」カテゴリの最新記事