ザ・クアトロ

クアトロの父のたわごと

海の日2017前日のクアトロ

2017年07月16日 | 食材の話

牡蠣は“蠣”一文字でもカキなのだが、わざわざ“牡”の字を添える。
カキはオスになったりメスになったりするのだが、オスの時が食用に向いているので“牡蠣”と書くのだろうか。
カキは夏場になるとメスになり毒素を出すと云われる。
そこで夏場はカキを食べるなと云うことになる。
しかし、夏場に美味しい岩ガキはどうなのかと云うと、波が荒い岩場ではカキの毒が常に波に洗われて食用になると云うことだ。
海の日前日のクアトロのおすすめは、赤崎産真カキ、佐島産岩カキ、隠岐産岩カキの食べ比べ
真カキのミルキーな美味しさ。
岩ガキは、真ガキとまた違ったミネラル感、甘みがとても濃厚な美味しさ。
クアトロの父のおすすめする白ワインと共に、海の恵みをいただこう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海の日2017前々日のクアトロ | トップ | ウニの日2017 »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。