ザ・クアトロ

クアトロの父のたわごと

リニューアル記念~サクラマス

2017年05月16日 | 魚の話

クアトロの父の好きな映画「嫌われ松子の一生」は、日本版フォレスト・ガンプといったところか。
なんでどうして、こんなはずじゃなかったと思う松子の生涯。
時代を映したひとつひとつのエピソードがとても身近に感じられる。
隅田川を見ながら故郷を思って泣く松子。
エンターテイメントな作風の中にとても感傷的な雰囲気が良い。

春になって帰ってきたサクラマス。
川で育ったヤマメの仲間から、はじきだされ大海でもまれて帰ってきた。
川に残ったヤマメよりも一回りも二回りも大きくなって帰ってきた。
脂だって充分に乗っている。
なんでどうして、こんなはずじゃなかったのに、やっとの思いで帰って来たサクラマスはクアトロでマリネにされてお客様に供される。
「でも、いいの一人ぼっちよりもずーとましだもの。私のことを美味しいって愛してくれるのだから」サクラマスは独白するのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リニューアル記念~オオメマス | トップ | リニューアル記念~ヴィオニエ »

コメントを投稿