ザ・クアトロ

クアトロの父のたわごと

新着ワイン~レ・フォンティ/キャンティ・クラシコ

2016年10月18日 | ワインの話

ボトルの首部分に巻かれたテープに黒い雄鶏のマーク、これがキャンティ・クラシコの証となる。
この黒い雄鶏には有名な言い伝えがある。
シエナとフィレンツェが互いの領土争いを繰り返していた中世時代、日の出を告げる雄鶏の鳴き声とともに互いの国を出発し、出会ったところを国境にしようと取り決めた。
シエナが普通の雄鶏を選んだのに対し、フィレンツェは黒い雄鶏を選んだ。
さらにこの黒い雄鶏にはわざとえさを与えず、お腹を空かせたまま夜を過ごさせた。
その結果、空腹のために日が昇るずっと前に時を告げたこの黒い雄鶏。
そして、かなり早く出発をしたフィレンツェの騎士とシエナの騎士が出会ったのは、シエナ側にずっと近いところだった。
こうしてフィレンツェは黒い雄鶏のおかげで自分たちの領土を広げたと云う。
その黒い雄鶏をフィレンツェやキャンティ・クラシコのシンボルにしている。
しかし、黒い雄鶏が早くに鳴いたと云うのを誰が証明できるのかが大いに疑問だ。
この黒い雄鶏を、後日このように国のシンボルにしたり、言い伝えの話を作ったりとどうもやましさが窺える。
そのあたりの詮索を誰かとしていると、ちょうど一本キャンティ・クラシコを飲む事が出来るだろう。
秋の夜長に、会話も弾む味わい深いキャンティ・クラシコが入荷しました。
“ファットリア・レ・フォンティ/キャンティ・クラシコ”です。
その味わいは、コケケッコウなのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマス・コース2016... | トップ | モンドヴィーノ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。