徒然留学日記

30にしてドイツ留学を思い立ち、その後結婚。日々経験したこと、感じたことをつづっています

秋の旅行-ヴェルニゲローデ編

2016-10-16 00:48:23 | 旅行


ヴェルニゲローデも木組みの建物がたくさんある。旧東ドイツの時代によく破壊されなかったな、と思う。写真はマルクトプラッツに立つ市庁舎。ゴスラーと同様、小さな街なので、半日強あればヴェルニゲローデ城と街歩きができる。

はずだったのに、私たちは

ランチを含めて3,4時間

の滞在になってしまったので、ヴェルニゲローデ城は今回は泣く泣く諦めた。



マルクトプラッツ周辺の道は、どこに行ってもたいていかわいい街並みを見ることができる。建物がまっすぐでないところがまたかわいい。

今回は街歩きだけに絞ったので、ほぼすべての道を歩きつくしたと言ってもいいくらい。目的を持った見学は、街で一番小さい家(Kleinstes Haus)、一番古い家(Aeltestes Haus)、傾いた家(Schiefes Haus)。Kleinstes Hausは、間口約3メートルの家で、内部は見学可能になっている。1階と2階が見学可能で、2階には人形がたくさんあり、

ひな人形の五人囃子の1人

も飾られていた。

この家に入った時、犬(小型犬)連れの年配のご夫婦も一緒に入った。家の管理人さんと犬連れの奥様の会話。

管理人さん:『犬は抱っこしてくださいね』
奥様:『どうして?』
管理人さん:『以前、2階でおしっこをしてしまった犬がいて、それ以来同じ場所で犬がおしっこをしてしまうんです』
奥様:『(少しイラッとした感じで)あら。うちの子はそんなことはしないわ』
管理人さん:『それでも抱っこしてください。掃除するのは私ですから』

その後も奥様は少し文句を言いつつもしぶしぶ犬を抱っこしたけれど、見学中、ずっと文句を言いっぱなしだった。管理人さんに『抱っこしてください』と言われれば「そういうものだ」と思って抱っこすればお互い嫌な気持ちにならないのに。

Aeltestes Hausは15世紀に建てられたものだけれど、外観もきれいにリノベーション済みで

Ferienwohnung(休暇用に貸し出すアパート)

になっていた。ヴェルニゲローデにはFerienwohnungがかなり多かった。

Schiefes Hausは、17世紀に水車小屋として建てられ、水車を回す水路の水が家の地盤を蝕み、傾いてしまったらしい。実際に見るとかなり傾いているけれど、写真を撮ると傾いているのが

家なのかカメラなのか

分からない。


ヴェルニゲローデでは

3mおきくらいに犬のフン

が歩道にあった。フンがなければもっと印象が良かったのに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の旅行-ゴスラー・ランメル... | トップ | 秋の旅行-クヴェトリンブルク編 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-10-17 14:37:08
外国のおとぎ話のような街素敵です。
ワンコのフンは頂けませんね。
せっかくのマt並みが台無しです。
日本のように持ち帰る習慣がないんですね。
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
本当に (あお)
2016-10-17 20:26:04
コメントありがとうございます。

ブログに先ほどお邪魔してきました。

本当にフンは興ざめでした。
私の住んでいる町では、公園や犬の散歩道に犬のフンを入れる黒いビニール袋とそれを使用後に入れるゴミ箱が設置されていて、それを利用する人が多いです(つまり持ち帰らない)。

ヴェルニゲローデでもその黒いビニール袋とゴミ箱を見たような気がするのですが、あまり使われていないようで残念です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。