徒然留学日記

30にしてドイツ留学を思い立ち、その後結婚。日々経験したこと、感じたことをつづっています

スターバックス

2017-05-20 17:28:37 | Weblog
友達に会うのに月に3~4回行っているスターバックスがある。そこで時々微妙に嫌な気持ちになることがある。

例えば、

そのスターバックスは1階にもいくつか席はあるけれど、2階がメインになっている。ある日、『今日は1階がやけに混んでいるな』と思ったけれど、いつも通りカフェラテを注文した。

受け取り、上に行く階段のところへ行ったら

本日午前は立ち入り禁止

と表示されていた。注文したときに『店内で飲む?』と聞かれ『はい』と答えたので普通のカップだったけれど、こういう状況ならテイクアウトでもよかったな、と思いながら、レジの近くのカウンターで友達を待った。
同じ店員さんが『

今日は上の客席、閉まっている

けど、それでもいいですか?』と1人ずつ聞いていた。私の時には『店内で飲む?』だけだったのに。思い返してみれば、私の前に並んでいたお客さんにも何か言っていたし、私の後の人にも言っていたので、私にだけついうっかり言い忘れた、とはどうしても思えない。

友達と待ち合わせでなければその店員さんに『どういうことですか?』くらい言ったと思うけれど、文句を言っているときに友達が来たら、と思うといえなかった。

ちなみに、2階の客席を立ち入り禁止にした理由は

スターバックスのスタッフミーティングのため

だった。何年か前も営業時間内に2階の客席の半分を使ったスタッフミーティングに出くわしたことがあるけれど、なんで営業時間内にするんだろう。


また別の時。
スターバックスのコーヒーは順調に値上がりしている。半年くらい前は私が飲むカフェラテは3.15ユーロだったけれど、2か月くらい前に3.25ユーロになり、2週間前に

3.29ユーロ

となった。ずっとX.X0ユーロまたはX.X5だったので、29セントにびっくりした。他の商品もすべてX.X9ユーロになった。

注文をして4ユーロ渡したら

70セントのお釣り

が返ってきた。『え?71セントでしょ』と思ったら、店員さんがレジの前にあるチップを入れる箱を指さした。残念ながら何を言ったのかわからなかったけれど、たぶん、その箱から自分で1セントを取り出すか、1セントは自動的にチップの箱に入るか、と理解し、そのままにしてしまった。今考えると、聞き返せばよかった。

私の前に並んでいた人にはその箱を指さしてはいなかったけれど、1セントコインを渡したかどうかも見なかったので、私だけだったか不明だけれど、当日会ったドイツ人の友人が2人ともその話をしなかった(私もついうっかり聞くのを忘れた)ので、私だけかなぁ、と思った。

家に帰り、ソクチくんに話をしたら、『ドイツでは店側が勝手にチップを取ったらだめなんだよ』『チップの箱から取れ、というのなら、店員さんに取ってもらえばよかったんだよ』と言われた。うん。今度はそうしよう。

今週またスターバックスに行った。違う店員さんがレジに入っていて、

お釣りをきっちり返して

くれた。前回の1セントは何だったんだろう…

半年に1回くらい微妙に嫌な気持ちになることがあるけれど、

それでもスターバックスに通う

私。友達と話をする場所としては申し分ない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近所のパン屋さん | トップ | ネズミが出る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。