徒然留学日記

30にしてドイツ留学を思い立ち、その後結婚。日々経験したこと、感じたことをつづっています

秋の旅行-ホテル編その2

2016-10-31 02:02:00 | 旅行


クヴェトリンブルクではMaria Auroraに1泊した。今回の旅行で泊まったホテルの中で一番広かった。建物も木組みで素敵だったし、街中にも近かった。

ホテルの入り口に『部屋の鍵を受け取るには、マルクトプラッツにある系列のホテルに電話してください』と書いた紙が貼られていた。Usingenでもそうだったけれど、人件費節約のため、スタッフが常駐しないホテルが増えてきている気がする。

さて、電話をすると、ホテルのスタッフが入り口横に設置されている金庫の暗証番号を教えてくれて無事に鍵を入手。

部屋はちょっと広めの

玄関

みたいな場所(部屋との境にもドアがある)があり、そこにクローゼットがあったので上着を掛けようと扉を開けたら

扉が外れた

。入り口のドアも隙間が大きく、外の明かりが玄関にも入ってきた。

部屋の天井の電気は本来はベッド近くにあるスイッチでもつけたり消したりできるのだろうけれど、まだ配線がうまくいっていないようで

玄関入り口脇

のスイッチでのみ操作可能だった…



アイゼナハではHotel Hännesburgに泊まった。ホテルは坂の上にあったけれど、街中にも近く、Wartburgにも歩いて30分くらいで、立地は良かった。オーナーもものすごく感じが良かった。

泊まった部屋のカラーが

青緑色

ぽくてソクチくんは『なんでその色を選んだんだろうね。

カビの色

ぽいよね』と失礼なことを言っていた。また、ベッドのフレームが金属なので、ちょっとぶつかると「ゴーン」と音がして笑えた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の旅行-ホテル編その1 | トップ | 秋の旅行-食事編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。