徒然留学日記

30にしてドイツ留学を思い立ち、その後結婚。日々経験したこと、感じたことをつづっています

電話会社からの電話

2017-05-14 00:44:03 | Weblog
登録されていない番号から着信があった。ソクチくんは不在だったので私が出たけれど、

会社名以外聞き取れなかった

ので、英語で話せないかどうか聞いてみたけれど、『あまり話せないのよね』と言い、

ドイツ語で

話された。

とりあえず、『ソクチくんは不在で、翌日11時くらいに戻ってくる』と伝えたら、『また電話するわ』と言われたのでほっとしたけれど、『先日、インターネットがつながらなかったでしょ。今は問題ない?』と聞かれた(と思う)ので、『はい、現在は問題ないです』などと答えたら、『OK。あとでソクチくんにメールするわね』と言われて電話が切れた。

私はてっきり先日のインターネット接続の件(ある日の午後3時くらいからつながらなくなり、翌日早朝、サービスセンターに電話したら『午後2時に修復予定』と言われたけれど、3時になってもつながらず、再度連絡したら『技術者を派遣すると、もしケーブルが切れていたり、お客様が原因だと技術者の派遣料(100ユーロを超える)がお客様負担になるので、先にケーブル(10ユーロ程度)を買ってくるといいですよ』と言われ、ソクチくんが『ケーブルのわけないじゃん』と、ルーターを再度リセットしたらつながった)の確認だと思った。

その日の夜、ソクチくんから電話があったので、電話会社から電話があったことを伝えたら、『うん、電話会社から意味の分からないSMSとメールが来たよ』と言われた。その内容は、

インターネット契約の変更、ありがとう

というもので、今より速度が速くなる契約だという。契約料金ももちろん上がる。

…うーん。これは私、電話で何かやらかしたんだろうか。

私たちが使っているルーターは電話会社からのレンタルで、

その新しい契約の速度はサポートしていない

もの。電話会社側にもその情報はあるはずなのに…

私たちは今の接続速度で満足しているので、ソクチくんが契約解除の電話をしてくれた。

その後、電話会社からは電話もメールもないので、

やっぱり私が電話で契約変更をした

のだろう…
最初にドイツ語を話せない、と伝えた人相手にビジネスしないでほしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メール | トップ | 本-The Pelican Brief »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。