ちまたの話題、これも人生だ

ニュースだの、話題のキーワードだの、ちまたの話題をお届けしますのでごひいきくださいませ。

秋の夕べの見下ろす夜景

2016年10月19日 | つらつら思うに
空気が澄んでくると、空も澄み渡って遠くまでよく見える。
日が暮れるのもだんだん早くなって、夕方居眠りして目覚めるとあたりが真っ暗で慌てたりもする。

慌てる理由なんて実際にはない。

しかし、短時間のうたた寝だから、意識が落ちたときと目覚めた時の風景は同じという思い込みが。

それで、明るいうちに落ちて、目覚めたら暗かった、というのは何が起きたのかすぐに理解できないみたいだ。
こんなのは管理人だけかもしれないけど。

さきの休日、久しぶりに近所の山をドライブした。
冬場は道路が閉鎖されるようなところだが、山頂近辺からの夜景がすばらしい。

雷雨の夜に登れば、目の高さを雷電が奔る。
実に美しい。凄絶な美しさとしか言いようがない。

残念ながら、今回のドライブは快晴の薄暮どきだった。
まあ、見下ろす街の夜景が綺麗だったからヨシとしようか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海外メディアも恐れる、稲田... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む