成功する転職!

成功する転職について書いています。

転職をしたいと考えた場合、まず極めて身近な存在である

2016年10月14日 | 日記
転職をしたいと考えた場合、まず極めて身近な存在である家族に相談する人が多いでしょう。


所帯を持っている方なら、ご家族に相談をしないで職を変わってしまうのは止めておくべきでしょう。


家族に無断で転職すると、そのことが原因で離婚に至る可能性なんかも出てきます。


お仕事探しを始める場合、あなたの職歴を誰が読んでも分かるように書かなくてはなりません。


今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、新しい職場に馴染み、力を発揮できるか、書類選考の際に、人事がより的確に判断できます。


同様に、写真はとても重要なものなので、街角の写真ボックスなどではなく、撮影スタジオで、撮ってもらいましょう。


誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、新しい履歴書に記入し直しましょう。


転職をする際に求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が有利でしょう。


それと建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と称される、その資格を有していないと仕事ができないという仕事も多いため、狙い目と言えるかもしれません。


一般的に転職する際、アドバンテージが高いとされている資格に中小企業診断士があります。


中小企業診断士資格を取得すると、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、会社にとって自分は貴重は戦力であると認めさせることができます。


法律のエキスパートである行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職するときに大いに助けとなるでしょう。


いざ異業種へ転職をしようとしても、転職できる先がないじゃないか!ということがあるものです。


若い内の転職希望であれば採用時に経験の有無が問われないなどと小耳にはさむこともありますが、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。


ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけば労働条件もそれなりではありますが転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異業種への就職を考えた際、... | トップ | 転職をするときに求められる... »