成功する転職!

成功する転職について書いています。

どんな転職の理由が良いか言うと、まず心か

2017年05月12日 | 日記
どんな転職の理由が良いか言うと、まず心から転職したいと思ったわけを書き出してください。


そのままストレートに言うわけではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。


次に、それをポジティブな印象になるように言葉の使い方を変更してください。


転職理由の部分が長いと潔くないので、手短に説明しましょう。


長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「より効率的な仕事を希望」、やりがいのない仕事と思っている場合は「環境を変えることで自分を成長させたい」と記載すると良いと思います。


否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じさせるられるようになります。


履歴書の書き方は、150文字から200文字程度にするようにします。


転職しようと考えた場合、まずは一番身近な存在の家族に相談を持ちかける人が多いはずです。


ご家庭がある人なら、家族に相談せずに転職をしてしまうことは避ける方が良いですよね。


家族に相談せずに転職をしてしまったら、それが原因となって離婚する可能性なんかも出てきます。


実際に、転職にいいといわれる月は、多くの会社が3月や9月頃に求人を募集します。


2年以上同じ職場で働いていれば、すぐには辞めないだろうとよい判断をもらえるはずです。


職種の希望がある場合、習慣的に求人情報を確認して、募集を見つけたらタイミングを逃さず申し込むといいでしょう。


欠員が出た時だけ募集をする職場だと、時機を読むのが難しい事もあります。


転職先が決まりそうな目途がなかなか立たず、メンタル面での苦痛からうつ病を発症してしまう人もいます。


うつ病の症状をかかえてしまうと、数日間や数週間で治療を終えることがほぼ不可能な長期間を要するため、生活費のことでもっと心配ごとが増えます。


転職のために応募を何箇所かしはじめる活動をしていると、もう自分にはほかの職場がないような光のささない感覚になって、自分の置かれた状況を客観視できずにすべてが暗闇に思えることも多くあります。


自分が選んだ転職だからと、自分で早く再就職を決める義務を感じた段階で早めに、専門の相談員に話をしましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違う仕事に職を変えるのは困... | トップ | 人材紹介会社を使って、納得... »