成功する転職!

成功する転職について書いています。

どういった転職理由が適当かと

2016年12月07日 | 日記
どういった転職理由が適当かというと、まず本気で転職したくなった理由を振り返ってください。


正直に話すわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。


そして、それがネガティブに受け取られないように言葉の使い方を変更してください。


転職することに至った経緯が長くなると潔くないので、長さには注意しましょう。


今までとは別の業種を目指すときには、転職できる先がないじゃないか!ということがほとんどです。


若い内の転職希望であれば経験がなくても受け入れてもらえるなどと小耳にはさむこともありますが、それも、20代までに見ることが許されている夢ではないでしょうか。


ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけばあまりいい労働条件のところは見つからないでしょうが転職というハードルを乗り越える日が近付くことでしょう。


余裕のない状況で転職活動をしてしまうと、慎重に検討する余裕がなくなって、労働条件が悪くても採用されそうな仕事を選択しがちです。


その結果、今までの職より年収が低くなることも多いです。


それでは、一体何のために職を変えたのかわかりませんね。


年収をアップしたいのであれば、じっくりと仕事を探してください。


転職するなら不動産業界にしようと思っているのであれば、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。


宅建主任者の資格を持っていないと、会社によって採用を見合わせる場合もあると考えられます。


その仕事内容によって必要な資格が変わりますから、業種に合わせた資格を転職前に取得を終えておくのも利口な方法でしょう。


転職により状況が悪くなる事も珍しくありません。


転職する前よりもやりたくない仕事だったり、給料が悪くなったり、職場の雰囲気が良くない事もあるでしょう。


転職をして良かったと思うためには、資料集めを十分に行う事が大切です。


それから、自分の魅力を伝える力もとても重要でしょう。


ゆっくりと取り組んでください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動産業界に転職したいと考... | トップ | 転職により状況が悪くなる事... »