成功する転職!

成功する転職について書いています。

余裕のない気持ちで転職活動をすると、

2017年04月25日 | 日記
余裕のない気持ちで転職活動をすると、慎重に検討する余裕がなくなって、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選択しがちです。


その結果、前歴よりも収入が減ることもあるのです。


そうなってしまったら、なんのために転職したのかわからなくなります。


所得を増やしたいと思っているのなら、ゆっくり時間をかけて仕事を探す必要があります。


飲食業界から出て異業種の仕事をみつけるのはとても大変です。


飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件で働かなければならないという人がたくさんいて、このままで大丈夫なのかと感じ、転職しようと動き出すケースが多いです。


そのまま、なんらかの障がいを抱えるようなことになったとしたらさらに転職の可能性は狭まりますし、転職に挑むのであれば早めに行動しましょう。


辞める理由が長時間労働だという場合は、「より効率的な仕事を希望」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「新しい環境で自分を高めたい」と記載するとイメージは悪くありません。


否定的な転職理由も言いかえれば、ポジティブに感じさせるられるようになります。


履歴書の書き方は、150文字から200文字で書くのが理想です。


仕事を変えるのにある資格が有利だと言われることも多々あるので、仕事を変える前に取っておくことをおすすめします。


別の分野へ転職を希望する人なら余計、経験値が低いことから言っても、他に志願している人達の方が有利になるので、その業種において使える資格を先に取得するといいと思います。


資格があれば絶対に採用されるわけでもないのです。


通常、転職する時アドバンテージが高いとされている資格に中小企業診断士をあげることができます。


中小企業診断士の資格があれば、経営に関するノウハウを持っていることが証明できるため、自らを会社にとって貴重な戦力だと認識させることが可能です。


法律を熟知する行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今の職に就いている間に、転... | トップ | せっかくがんばって転職をし... »