成功する転職!

成功する転職について書いています。

焦燥感に駆られながら転職活動

2016年10月18日 | 日記
焦燥感に駆られながら転職活動をすると、目先の事にとらわれて、年収よりも採用されることを優先して仕事を選ぶこともあるかもしれません。


その結果、前歴よりも収入が減ることもあるのです。


これだと、一体何のために転職したのかわからなくなります。


所得を増やしたいと思っているのなら、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。


転職するのに一番よい方法とは、まだ在職している間に次の就職先を探し、決定したら、そこで初めて辞表を提出する、ということです。


転職先を探すより先に辞めてしまったら、すぐに転職先が見つからないと次第に焦りが出てきます。


それに、経済面で困る可能性もありますので、次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。


また、自分の力だけで転職しようとしなくても誰かに相談するのもよいでしょう。


転職活動は今の職を辞める前に行って、転職する先が決定してから辞めるのが理想です。


退職後の方が時間の余裕がありますし、間を置かずに働き始められますが、転職先がすぐに見つからない場合もあります。


無職の期間が半年以上になると、ますます就職先が減っていきますから、転職先のことを考えずに今の仕事を辞めないことをお勧めします。


お仕事探しを始める場合、あなたの職歴を読み手に伝わりやすいように記入しましょう。


あなたの今までの業務の内容がわかれば、入社してすぐに活躍できるか、採用する側もイメージすることができます。


同様に、写真はとても重要なものなので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮ってもらうのが良い、と言われています。


誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。


飲食業界にお勤めの方が別の業界で仕事に就くのは大変だと聞きます。


飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件で勤め方をさせられているという人が多く、将来を不安に思って転職を考え始めたという場合も少なくありません。


体調に不備がでてきたらもっと転職しづらくなってしまうので、転職に挑むのであれば早めに行動しましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転職先が決まりそうな目途が... | トップ | 仕事を変えるのにある資格が... »