成功する転職!

成功する転職について書いています。

仕事を変えたいときに有利になれる資格と言われ

2017年04月19日 | 日記
仕事を変えたいときに有利になれる資格と言われれば、社会保険労務士や公認会計士がその一例になります。


これまで積み重ねてきた経験を生かした、転職を行おうと考えている人にもお勧めできる資格なのです。


社会保険労務士の資格があると、総務や人事関係の仕事を得られやすくなりますし、公認会計士の資格を得ていると財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。


ベストな転職方法といえば、転職する先を探しながら仕事を続け、決まった後に退職すること。


これに尽きます。


退職してから次の就職先を探そうとすると、転職先がなかなか決まらないと焦り始めます。


また、お金の面でも心細くなるかもしれませんので、会社を辞める前に転職先を探しておくのが一番です。


あと、探すのは自分の力だけでなくアドバイスが突破口になることもあると思います。


より良い仕事につくために取っておくと良い資格もあることですから、まず取得し、それから転職するのがいいかもしれません。


異業種に就くことを目指すのであればなおのこと、経験者ではないのですから、他の志願者に比べ劣ってしまうので、その分野の仕事にあると良い資格を先に取得するといいのではないでしょうか。


資格を持っているからといって必ず採用されるとは考えられません。


転職する理由は書類選考、または面接において大変重要なことです。


相手に納得してもらう理由でないと評価が下がります。


しかし、転職にいたった理由を聞かれても理解してもらう答え方がわからない人も多いでしょう。


多くの人が履歴書を記入する時や面接を受ける時などに、この転職理由が苦労の元となります。


一般的に、転職時の志望動機で大切になるのは、ポジティブさが伝わるような意欲的な中身です。


さらなる成長が期待できそうだとか、前職で経験してきた事項や習得してきた能力を活かすことができそうといった意欲的な志望動機を考え出してください。


その際、できるだけ、志望する会社の特長と合致するような志望動機を自分の言葉で述べることが重要です。


そのためには、綿密な下調べをするのがお勧めです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転職理由は、書類選考や面接... | トップ | 不動産業界に転職しようと思... »