成功する転職!

成功する転職について書いています。

どんな転職の理由が良いか言うと、第一にどうしても

2017年04月20日 | 日記
どんな転職の理由が良いか言うと、第一にどうしても転職しようと思った理由を振り返ってください。


正直に話すわけではないので、思いつくままにノートに書きましょう。


その次に、その内容をできるだけ暗くならないように表現の仕方を変えてみてください。


長々と転職の理由が続くと自分を正当化しているように聞こえてしまうので、長くなりすぎないようにしましょう。


異なる業種に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、実態はどうなのでしょうか?結論から述べますと、これまでと違う業種に就くのは簡単ではありません。


同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、採用担当者は経験者を選択する可能性が高いです。


ただ絶対に不可能というわけではありませんので、懸命に努力を重ねれば異業種に転職できるかもしれません。


今までとは別の業種を目指すときには、転職先を探してみてもすぐにはみつからない場合がよくあります。


歳をとってから転職を考え始めたのではないなら転職を考えるまで見たことも聞いたこともなかったような業界でも入れるというパターンも考えられますが、それも、20代までに見ることが許されている夢ではないでしょうか。


まあ、人手をいつも欲しているような業種に目星をつけているのであればこれといって労働条件は気にしないという場合、晴れて転職希望者から転職者となるかもしれませんね。


今の職場から転職して苦痛から脱出したいと思っているけれど、うつ病と診断される人もいます。


うつ病の症状を発症すると、数日間や数週間で治療を終えることがほぼ不可能な長期間を要するため、何より生計をたてる経済力の自信喪失の苦痛が最大になります。


いざ転職の決心を実行すべく転職活動に手がけはじめると、辞めてほかで働きたい希望が先走って現状が行き詰まりに思えて、自分の置かれた状況を客観視できずにすべてが暗闇に思えることも多くあります。


次の職場の採用が決まるまで苦しんで待つのではなく、その苦しみにあるときに速やかに、専門の窓口で相談をしてみる勇気を出しましょう。


転職しようとする際に求められる資格は、専門職の他はそんなに多くないようですが、所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が強いといえます。


それと建築、土木関係の場合、建築士のように「業務独占資格」と言われるような、その資格を有していないと実際に働くことができないというような仕事が多いので、狙いやすくなっているかもしれません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動産業界に転職しようと思... | トップ | 面接する際の身だしなみには... »