成功する転職!

成功する転職について書いています。

異なる業種に職を変えるのは困難

2017年04月29日 | 日記
異なる業種に職を変えるのは困難であると考えている人が多いですが、実情はどうなのでしょうか?結果から述べますと、違う業種に転職するのは難しいものです。


同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、採用担当者は経験者を選択しやすい傾向にあります。


ただ絶対に不可能というわけではありませんので、努力の仕方によっては異業種に職を変えられることもあるでしょう。


辞める理由が長時間労働だという場合は、「生産性の高い仕事が希望」、仕事にやりがいを感じられないことが原因でやめた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と表現すると受ける感じは悪くはないでしょう。


マイナスのイメージの転職理由も表現を変えると、肯定的なものになります。


履歴書には150文字から200文字程度にするようにします。


あなたがUターン転職という選択をしたとき、求人に関する情報がなかなか集まらないケースもあります。


ただ、転職サイトであったり転職を支援するアプリをダウンロードすれば、地域密着の求人情報が得やすくなりますし、エントリーだって可能になります。


多数の求人情報のうちからあなたにふさわしい転職先と巡り合えるように、考えうる限りのツールはどんなものでもとことん利用しましょう。


転職先選びで欠かせないのは、多くのリクルート情報の中で自分にマッチした転職先を探し出すということです。


希望を叶えるためにも、あれこれ手を使って求人インフォメーションにアクセスしましょう。


非会員には公開されていない求人案内もあるので、ある程度の数の転職サイト・アプリを登録した方が効率的です。


焦って決めるのではなくしてよかったと思える転職をしましょう。


転職をする際に求められる資格は、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やっぱり、国家資格が強いでしょう。


また、建築や土木系では「業務独占資格」の建築士などに代表される、その資格を所有していないと実際に仕事に就けないといった仕事がかなりあるため、狙い目となっているかもしれません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転職するのにいいシーズンは... | トップ | 業種にかかわらず、転職時の... »