成功する転職!

成功する転職について書いています。

焦りながら転職活動を行うと、冷静な判断ができずに、とに

2017年05月16日 | 日記
焦りながら転職活動を行うと、冷静な判断ができずに、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選んでしまうこともあるでしょう。


その結果、前歴よりも収入が悪くなることもよくあります。


だったら、なんのために転職してしまったんだろうと悔やむことになります。


給料にも満足できるような職に就きたいなら、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。


転職をするときに求められる資格というのは、専門職の他はそんなに多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が有利なようです。


それに建築とか土木系の場合には、建築士などに代表される「業務独占資格」と言われる、その資格を所有していないと仕事ができないという仕事がたくさんあるため、狙い目と言えるかもしれません。


会社を変えようと求人に応募したら、好印象を与えられるような風貌で暗いなどと思われないように行動しましょう。


間違いなく問われることはだいたい同じようなことですから、前もって何を言うか考えておいて、切れ味の良い口調で答えてください。


最初のひとことがどうしても出なくなったり、嫌悪されるような表現は避けましょう。


貫禄のある態度でのぞみましょう。


時期的に転職に適するといわれるのは、年度末や上半期末に求人を出す会社が増えるのです。


2年以上同じ職場で働いていれば、長く働くと判断してくれるでしょう。


希望する職種があるのなら、習慣的に求人情報を確認して、募集を見つけたらタイミングを逃さず申し込むといいと思われます。


募集の条件が、欠員が出た場合のみの職場は、タイミングを掴みづらいです。


募集はあるのに応募で大勢が競う転職戦争なので、うつ病と診断される人もいます。


もし、うつ病になると、数日間や数週間で治療を終えることがほぼ不可能な長期間を要するため、何より生計をたてる経済力の自信喪失の苦痛が最大になります。


新天地を求めて求職者としての立場になる転職活動期間に突入すると、もう自分にはほかの職場がないような光のささない感覚になって、苦痛からの脱出そのものが無理に思えて思考がフリーズすることも多いです。


自分が選んだ転職だからと、自分で早く再就職を決める義務を感じた段階で早めに、専門家に相談のできる窓口を探して訪問しましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 転職活動は辞職前から行い、... | トップ | 転職するなら不動産業界にし... »