成功する転職!

成功する転職について書いています。

転職を思い立ってから仕事をじ

2016年10月11日 | 日記
転職を思い立ってから仕事をじっくり探すには、それだけ時間が掛かってしまうものです。


仕事しつつ同時に次の仕事を探すとなると、転職のために割ける時間は多くは取ることはできないでしょう。


そんな時に、一度試して欲しいのが転職支援サイトの利用です。


転職サイトに登録をすることで、自分と共にキャリアコンサルタントといわれるサポートスタッフも協力して転職先を探してくれるのです。


長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「より効率的な仕事を希望」、辞めた理由が仕事にやりがいを感じないという場合は「新しい職場で成長したい」とすれば悪い印象は受けないでしょう。


転職理由が否定的なものも表現によっては、プラスになることもあるのです。


履歴書の書き方は、理想は150文字から200文字程度です。


焦燥感に駆られながら転職活動をすると、目先の事にとらわれて、年収よりも採用されることを優先して仕事を選んでしまうこともあります。


その結果、転職前よりも年収が低くなってしまう事もあります。


これでは、何のために転職したのか!と後悔したくなるでしょう。


所得を増やしたいと思っているのなら、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。


転職しようとする際に求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やっぱり、国家資格が強いでしょう。


特に建築や土木関係では、「業務独占資格」と言われる建築士のような、その資格を有していないと実際に働くことができないといった仕事がかなりあるため、狙いやすくなっているかもしれません。


異なる業種に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実際にはどうなのでしょうか?結果から述べますと、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。


経験者と未経験者が同時に採用試験を受けに来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。


しかしながら絶対に無理というわけではないため、頑張り次第では異業種に職を変えられることもあるでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 職場に秘密で転職活動をしな... | トップ | 転職の理由が年収アップだと... »