九想話

ブログ以前から書き始めて、19年目になります。



サタデーエッセー 仲代達矢

2017年07月15日 | Weblog

今朝のNHKラジオの「サタデーエッセー」は、仲代達矢(84歳)だった。
毎年、ニューヨークに行っていて、
今年も時間が空いたので行ってきて、芝居を10本観た。
マーティン・スコセッシ監督(だったと思う)と会って1時間ほど話したという。
今年は、10月から「肝っ玉おっ母とその子どもたち」(ブレヒト作)の芝居をやる。
この芝居は、21年前に亡くなった仲代の妻宮崎恭子の演出で過去に上演した。
そのときの膨大な演出メモが残っていて、それで今回の芝居はやるそうだ。
初めてこの芝居をやったときは55歳で、初めての女役だった。
仲代は、今80歳を過ぎているが、
こんどの「肝っ玉おっ母」を70代の感じでやれればいい」といっていた。
彼からいわせると、60代は青年期だという。
65歳の私は、その言葉を聴いて、身が引き締まる感じになった。
私はいつも「もうおれは65歳だ~、前期高齢者なんだ」と落ち込んでいる。
80代の仲代達矢ががんばっていたら、私だってがんばらなければ、と思った。
この芝居が最後になるんではないかという。
「肝っ玉おっ母とその子どもたち」を観てみたい。

『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劉暁波氏が死去 | トップ | アイスバーグ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サタデーエッセー 仲代達矢 (肥さん)
2017-07-16 05:47:26
素敵な話ですね。
年齢が人によって違うのは意識していましたが,
仲代達矢の若さの秘密は
「年齢のものさし」の違いから来ているのだと思いました。
私もお手本にしたいです。
Re:サタデーエッセー 仲代達矢 (九想)
2017-07-16 18:36:04
肥さん、コメントありがとうございます。

年齢とか老いとかは、その人の心の持ち方だと思います。
いつまでも“挑戦”しつづける男でありたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。