九想話

ブログ以前から書き始めて、19年目になります。



歩く女子高生

2017年06月17日 | Weblog

3日前、仕事を終えて川越駅に向かって歩いていた。
梅雨に入ったというのにいっこうに雨は降らないで、梅雨らしくない。
水曜日の朝、「日本全国8時です」(TBSラジオ 8時~)は、お天気キャスターの森田正光が天気の話をする。
そのときに森本毅郎が「梅雨入りしたのに雨が降らないね」と森田さんに抗議していた。
森田さんがいろいろ気象庁の都合を話していた。
今年の梅雨入りの日を気象庁のサイトで見ると、「関東甲信 6月7日ごろ」と書いてあります。
森田さんの話では、今年の9月1日に梅雨入りの日にちを妥当だったかどうか再検討して、気象庁は発表するそうです。
そのときに「勝負だね」ということを森本毅郎がいっていた。
気象庁がそのときにどのような結論を出すのか私も興味あります。
話がそれました。
1日の仕事のあとの疲労もあり、私はのんびり歩いていた。
そんな私を、いきおいよく追い抜いて行く女子高生がいた。
私の前後の女子高生たちは、仲間たちと話しながらゆったりと歩いていたので、
彼女の歩き方が異様に目立った。
そのコをよく見てみると、左の脚がまっすぐ伸びないようだった。
靴に足の先端だけ入れて、靴を引っかけるようにして歩いていた。
それでも左足を地面に着けるときは、どうしても身体が左に傾いてしまう。
身体を左右に揺らしながら一所懸命歩いていた。
1人で歩いていく女子高生の後ろ姿を見ていて、私は胸が熱くなった。
なぜだか意味もなく「がんばれよー」と心で呟いていた。
私になんかに、そんなことを彼女はいわれたくないだろうとハンセイした。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 演劇に憧れていた頃 | トップ | バラ棚を作る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。