九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



藤井四段19連勝

2017年05月25日 | Weblog

藤井四段19連勝で竜王戦決勝T進出「攻め続けたのが良かった」と淡々

すごい、としかいいようがない。
将棋界でプロデビュー(4段以上がプロ棋士です)して19連勝、何もいえません。
これからどうなるのでしょう?

私は将棋が大好きです。
子どもの頃(小学生の低学年の頃)に、近所の年上の人とときどき将棋をやっていた。
20代の前半、東大生協で仕事をしていたときに将棋が好きな人たちがいて、指すようになった。
そのときはほとんど勝てなかった。
私はNHKの将棋を観るようになった(あの頃は、将棋と囲碁が1週間おきに放送していた)。
将棋の定跡の本などを買い勉強した。
8千円の厚さ3寸の将棋盤と1万円の将棋の駒を駒込の碁盤屋で買った。
職場で将棋をよく指した。
東大生協を辞めてから、将棋はあまりやらなくなった。
息子たちが幼稚園の頃に、将棋を教えた。
将棋の棋士になったらいいな、なんていう淡い希望を抱いた。
息子たちはそれなりに強くなった。
所沢の小学生将棋大会などに出て、いい成績をとっていた。
優勝などもしたこともあった。
小学5年のある夜、私の前で2人が将棋を指した。
そのときどっちが勝ったか私は忘れた。
そのとき負けたほうが涙流して泣いていた。
それ以来、息子たちは将棋をしていない。
いや、少なくても私の前ではしていない。
でもオトナになってから将棋を覚えたことはよかったといっていた。
今、息子たちは将棋をしているのだろうか?
こんどうちに来たら将棋を指してみようかな?

 

 

ジャンル:
スポーツ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大道寺将司が病死 | トップ | 前任者の送別会 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい話ですね。 (翔空)
2017-05-26 06:23:28
九想さんと将棋がしたくなりました。

わたしは、所沢出身の今6段の棋士が小学生の時に
将棋を指したこととがある様な気がします。

小学生なのにまったく相手にしてもらえないような
将棋で10分もしないでで負けてしまったことを思い出します。

この6段の選手ともきっと対戦するだろうと思います。
あるいはもうたたかったかな?
これも楽しみです。
藤井四段19連勝 (肥さん)
2017-05-27 03:33:16
もう,すごいを通り越して,すご過ぎますよね。
これが私が今担当している中学三年生と
同じ年齢だというのですから,
本当に人間の能力の開花というのは,
一様ではないということです。
では,何歳までなら開花可能なのか?
それは「諦めない」という「年齢」であってほしいものです。
Re:いい話ですね。 (九想)
2017-05-29 22:13:32
翔空さん、私は将棋は弱いです。
最近は人間とやっていません。
パソコンに入れたソフトとばかりやっています。
それにも負けて悔しい思いをしています。
Re:藤井四段19連勝 (九想)
2017-05-29 22:30:40
将棋の場合、あまり歳をとっていては“開花”しないようです。
若いときに活躍した棋士が、タイトルを取っているようです。
ある程度の歳になっても、なかなか勝てなかったら「諦めて」しまうのかも知れません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。