九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



ロスジェネの逆襲

2017年02月08日 | Weblog

「ロスジェネの逆襲」(池井戸潤 著 ダイヤモンド社刊)を読んだ。

ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。
そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、
ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。
アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。
ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。
責任を問われて窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに、
周囲をアッといわせる秘策に出た―。

と、本の裏表紙に書いてあった。
直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作です。

いや~、面白かった。
久しぶりに痛快な小説を読んだ。
池井戸潤、大好きです。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入籍記念日 | トップ | 雪が降る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。