九想話

ブログ以前から書き始めて、19年目になります。



演劇に憧れていた頃

2017年06月16日 | Weblog

今夜の「ぴったんこカン・カン」(ゲスト:吉田鋼太郎&藤原竜也)を観ていて、いいなと思った。
そして自分も昔、役者になることを目指していたことがあったことを思い出した。
そんなことを九想話に書いてみようかな、と心が動いた。
正直なところ、現在就職した仕事のことは書かないと決めたこともあって、日々書くことがあまりない。
いや、軽井沢で暮らしていたときも仕事のことは書かないと決めていたので、九想話を書くことに苦労した。

私は20歳の頃、演劇に憧れた。
その頃私は、寺山修司の天井桟敷、唐十郎の状況劇場など観ていた。
つかこうへいの芝居も紀伊國屋ホールで観ていた。
東大生協に勤めていたとき、野田秀樹の「夢の遊眠社」の芝居を観た。
学生なのにすごい芝居をするな、と強く心に残っている。
私はこれまでの4・5回素人の演劇の舞台に立ってます。
明日からそのへんのことを、ときどき九想話に書きたいと思います。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縄ない | トップ | 歩く女子高生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。