九想話

ブログ以前から書き始めて、19年目になります。



ラジオ深夜便の間違い

2017年01月04日 | Weblog

平成28年(2016) 12月29日 3時台「にっぽんの歌こころの歌」は加藤 登紀子だった。
この人の歌は大好きです。
布団の中で口ずさんで聴いていました。

知床旅情
赤い風船
黒の舟唄
この空を飛べたら
愛のくらし
灰色の瞳
百万本のバラ
島唄
花は咲く

しかし、このときに石澤典夫アンカーがいったことにあれっ?と思った。
「愛のくらし」アルフレッド・ハウゼ作曲、加藤登紀子の作詞、それはいい。
しかし、次の曲「灰色の瞳」の作曲もアルフレッド・ハウゼといった。
この曲の作曲者は「ウニャ・ラモス」です。
私の尊敬するケーナの名人だ。
どうした石澤典夫アナウンサー、きっと台本が間違っていたのでしょうね。
できれば投書して間違いを指摘すればいいのでしょうが、めんどうです。
その訂正するときに、私がラジオ深夜便を聴いていることはむずかしい。
この歌は、加藤 登紀子と長谷川 きよしで歌っている。
私がウニャ・ラモスのコンサートに行ったときに、この曲も吹いてくれた。
1974年でした。
ウニャ・ラモスは昨年亡くなりました。

『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族のいる幸せ | トップ | 高齢者になれない私 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。