九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



娘からの試練

2006年09月23日 | Weblog
今日の午前中は、昨日飲んで二日酔いのため寝ていた。
午後1時頃、女房が仕事から帰ってきた。
それでも私は寝ていた。
3時前、息子から女房のケータイにメールが入った。
今日の4時までなら孫と面会できるという。
もちろん行くことにした。
面会出来るのは祖父母だけというので、
お義母さんには遠慮してもらった。

しかし、ここで判断のミスがあった。
車で出かけてしまったのだ。
電車で行くつもりだったが、
ナビもあるし車で行こうということになった。
電車で行けば30分ほどで行ける病院なのに。

土曜日の東京の練馬近辺は混んでいた。
結局、女房は今夜バイトがあるため途中で車を降り家に戻った。
私一人病院を目指した。

しかし、ナビがへんだった(私がおかしいのか)。
私はこっちの道に行けばJ病院に行くと思うのだが、
ナビは違う方向を指示する。
私がナビを無視して行くと、病院に着いた。
その頃ナビは、「目的地近辺に着きました」なんていいやがる。
「おれのおかげだろ、お前は間違っていたんだ」
といいたかった。

病室に行くと、ベットで寝ている嫁の横で、
息子はポータブルのゲーム機で遊んでいた。
「遅かったね。エレベーター前のあそこで待っていて」
私は、嫁に挨拶もそこそこに待合室に行った。

5時になり息子が来た。
2人で小児科に行った。
孫は生まれるとき羊水を飲み過ぎたとかで、
小児科に入院ということになっていた。
それを昨日聞いたときは心配だった。

病室の前でビニールのエプロンをして、
手を石けんで洗って病室に入った。
孫は保育器の中でうつぶせに寝ていた。
小さかった。
左の腕と足に点滴のチューブが刺さっていた。
看護婦さんに「顔をこっちに向けてもらえますか」
と息子がお願いした。
看護婦さんが手を入れるところを開け、
孫をうわむきにしてくれた。
しわくちゃだったが、可愛いかった。
あくびなんかしている。
ああ…、これがおれの孫なんだ、と思った。

36時間の難産だったと息子が説明してくれた。
その間、嫁も息子も一睡もしてなかった。
それを聞いて、私は涙が出た。
ベットの上で闘っていた嫁も大変だったろう。
それを病室の前で待っていた息子も…。
息子夫婦の娘は、息子たちが親になるために試練をあたえた。

私は息子たちが生まれるとき、家で寝ていた。
なんの苦労もしていない。
明け方、病院からの電話で誕生を知った。
なので、親としての自覚が少ない。
その点、息子夫婦は娘にきたえられた。
頼りなさそうな息子は、しっかり父親になっていた。

まだ、感染症の心配があるのでしばらく小児科に入院しているらしい。
早く元気に退院して欲しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 孫誕生 | トップ | 恋人いるのは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。