九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



ガステーブルで悩む

2016年10月24日 | Weblog

日曜日に女房と私は、隣のS市でガス会社が主催しているガス器具の展示会に行った。
うちの台所には、前の家の持ち主が使っていたビルトインガステーブルがありそれを使っている。
もうかなり古くなっているものです。
私が埼玉で暮らすようになったら「ガステーブルを新しくしたいね」と女房が話していた。
会場に行くとすぐメーカーの男性が女房の隣に来て説明を始めた。
私も脇で聞いていた。
定価が31万円ぐらいのものが145,000円だった。
表面がガラスで出来ていてキレイで丈夫だと男性は力説していた。
「お手入れも簡単です」と。
いろいろな料理がスイッチやタイマーを使って自動で簡単に作れるようだ。
グリルがバラバラに取り出せて洗うのが簡単そうだった。
私としては、これから女房に楽してもらいたいので、買ってもいいと思っている。
女房が男性に「いいんですけど、他のも見てみたいので・・・」といって、その場を離れた。
その先に違うメーカーのガステーブルがあった。
売値が55,000円のものがあった。
それは、従来のタイプのもので、複雑なスイッチ類はない。
ただ熱で、鍋・フライパンをあっためる基本的なガステーブルだった。
グリルも洗うのが面倒くさそうだった。
でも、女房は「それでもいいかな~」なんていう。
「餃子焼くとき、お湯を沸かすとき、卵焼くとき、ガステーブルが時間を決めるというが信用できない。
どうせ自分の判断で時間を決めるのだから、基本的なガステーブルでもいいかな」という。
その隣に8万円ほどのガステーブルがあった。
そこそこに機能もついていた。
しかし、これは17,000円ぐらいの工事代が別だった。
そうすると10万円ぐらいということになる。
145,000円も55,000円のものも工事代は込みだった。
結局、女房は結論が出せず、もう少し検討すると販売員にいって会場を出た。
100円ショップやスーパーのある大きなショッピングモールに行って、
もし買う気になったら帰りにガス器具の展示会に寄ろう、ということにした。
途中に電気の量販店があったので駐車場に車を停めた。
ガステーブルを見てみようと思ったのです。
価格を参考にしたかった。
ところが、ガステーブルを見るつもりだったのに、販売員が来てIHクッキングヒーターの説明をし始めた。
「ガスよりIHのほうが熱効率がいいのでランニングコストが安い」と販売員が得意げに話した。
聞いているうちに、IHがいいかな、と私は思った。
女房もその気にはなっているようすだった。
会社で仲のいい人の家に遊びに行ったときに、IHクッキングヒーターを使っていていいな、と思ったという。
しかし、電気工事費が4万円弱かかるらしい。
「無料だからぜひ、工事の見積をさせて下さい」と販売員は必死になっていう。
説明されたIHクッキングヒーターは、148,000円だったから、合計でほぼ20万円になる。
とてもじゃないが、現在20万円の出費は痛い。
「検討させて下さい」といって、電気店を出た。
今使っている古いガステーブルでも、何も困っていない。
とりあえずガステーブルは、しばらくは今のものを使おう、というのが女房と私の結論になった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加