九想話

ブログ以前から書き始めて、20年目になります。



センサーバルブテスト

2007年09月22日 | Weblog
センサーバルブ取り付けの試験が昨日あった。
私が働いている工場の社員がテストするのです。
ここでもう一度説明しておくと、
私が入った会社は、ある会社の工場に労働者を派遣している。
その工場では帽子で社員の区別をしている。
緑の帽子はその会社の社員で、それ以外の派遣されている労働者はグレーです。

私が51歳のとき閉鎖しちまった旭硝子の子会社もそうでした。
私たち正社員はブルーの帽子で、派遣社員はグレーだった。
あの会社も狭山の車メーカーのウィンドウガラスを製造して納めていた。
まったくあの会社のシステムと同じです。
ですから以前の会社のときは正社員で“強い”立場だったが、
現在は、そこの会社の社員のいうことはなんでも
聞かなければならない“弱い”存在です。

正直いってセンサーバルブ取り付け作業は難しい。
センサーバルブを左手に持った治具に納め、
ホイールのバルブ穴に装入し、右手のワッシャーとナットで仮締めする。
それからナットランナーという電動工具でナットを本締めする。
左手は軽く治具を支えるだけでよく、
右手は力を入れてナットランナーを持っていなければNGになる。
しかし、ナットランナーをナットにかぶせるように入れるときは、
やさしくそっと入れないと入ってくれない。
なにしろ時間勝負なのだ。
そっとナットをナットランナーの先に納めたら、力強くそれを持ち、
一定のトルクになるまでスイッチを放してはならない。
放すとNGになる。といって左手は軽く治具を支えていなければならない。
この微妙な力のバランスがとても難しかった。

私はテストに合格しないのではないかと思っていた。
合格しなかったら仕事を辞めなければならないと哀しくなった。
しかし私は、センサーバルブ取り付けテストに問題なく合格した。
けっこう合格しない人がいるらしい。
今、センサーバルブの取り付けをしている50歳の人は、
20日間ぐらいできなくてやっと試験に合格したらしい。
私は1週間でセンサーバルブ取り付け試験に合格した。
これはけっこう嬉しかった。
18時45分からのメシの時間に女房に合格のメールを送ると、
女房も喜んでくれた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一難去ってまた一難

2007年09月22日 | Weblog
ところが、センサーバルブ試験に合格したら、
違う職場に回された。
スペアタイヤ組み付けグループにです。
私としてはセンサーバルブの仕事をやらせてくれるのかな、
と思ってがんばったのです。

そこではスペアータイヤのホイールに、
単なるバルブを治具で装入し、必要なシールを添付する。
仕事は単純明快なのですが、とにかくホイールが重い。
その工場では1日でタイヤを4、500本前後組み付けする。
スペアタイヤは、普通のタイヤ4本(車1台)に1本必要です。
このホイールが重い。
クランプ袋の30キロはないが、そこそこ重い。
ラインを止めてはいけないのでスピードが要求される。
高い物だから落としてキズをつけてはいけない。
かなり膝、腰に負担がかかる。

今日は、仕事始めからスペアタイヤの作業をした。
メシ(普通の会社の昼休み)の時間までにかなり疲れてしまった。
それなのに、首を吊る人の足を引っぱるように、
22時頃から、タイヤをラインに補給する作業をさせられた。
これはきつかった。
コロコンベアを滑ってくる、タイヤを載せた台車から、
生産ラインのコロコンベアに載せる。
3本重ねるものがあり、4本のもある。
5本重ねるタイヤのときは、大声を出して載っけた。
それを24時までやった。
作業服は汗みどろ、Tシャツは汗でぬるぬる。

それはいいのだけれど、私の膝、腰がもたない。
この仕事も続けられないな、と思った。
来週は、午前中に、ハローワークに行こう。
それにしても“ハローワーク”という組織名に腹が立つ。
けれども行かなくてはならない。
いったい私にできる仕事はあるのだろうか?
あるのだろうけれど、採用してくれなければ意味がない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫の誕生日

2007年09月22日 | Weblog

昨夜1時ごろ、仕事から帰ってサンマの刺身などをつまみに
ビールを飲んでいると、
「明日、何時ごろ起きる」と女房が訊く。
「なんで?」
今日予約したケーキが10時にできるから、
明日孫に持って行きたい、という。

いつものように途切れとぎれの睡眠から9時半に起きた。
食事をしているあいだに女房はケーキ屋に取りに行った。
そして可愛い孫が暮らす家へ。

外は真夏のような太陽が眩しい。
暑さ寒さも彼岸まで、というのにこの暑さはなんなんだ。
車内に入るとむっとする空気が身体を包んだ。
エアコンを入れ、駐車場から車を発進させる。
息子のアパートへは車で10分ほどで着く。

玄関のチャイムを女房が押す。
孫を抱いて嫁がドアを開けてくれた。
息子は会社に行っているという。
上がってリビングのところでケーキを渡す。
しかし、孫はこの顔です。
おれたちは孫に「ごめん、ゴメン」とあやまり、
早々に退散した。

そのあと女房を所沢駅まで送る。
道路はすごい渋滞だった。
女房はこれから小平でやっている義母の手芸の展示会により、
新宿のエル・フラメンコへ行く。
今日は、フラメンコの先生が教えている千葉の教室の
発表会があるという。
おれはこれを書き上げたら、会社に行き肉体労働です。
やはり少々寝不足だな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加