たぬき日和

感音性難聴を患っています
カメラで、鳥や犬猫に野生動物などを撮っています
趣味の釣りやマラソンなとを綴っています

(2017.4.29)の鳥撮り『ツバメ』『カワセミ』他

2017-04-29 20:39:09 | 鳥写真

待望のゴールデンウイークです。
来週の月・火曜日は仕事なので、飛び石7連休です。

今日は、犬の競技会(アジリティー競技会)の撮影を予定していましたが・・・・
駐車場が満杯で入れずで、予定を変更して終日を鳥撮りでした。

AM6:00に家を出て、車で15分の吉野川第十堰へ向かいます。
『ミサゴ』と『カワセミ』を狙います。

堰の上は、遡上中の稚鮎を狙ってサギ類が多く居ます。
漁連の人が、ロケット花火を打ち上げて(稚鮎を食べられないように)・・・・撃退しています。

ミサゴも1羽だけ旋回していましたが、飛び去ります。
「こりゃ~、ダメかな」と思っていると・・・・
少し上流を見ると『ツバメ』が飛び回っていたので、撮影練習です。

『ツバメ』

機動性とスピードが有り、ステルス性も兼ね備えている強敵です。

こちらは、愛機に『ニャンコ先生+鳥レーダー』を装着して臨みます。

勿論、格好だけです。

背中方向

SS:1/1000  ISO:800~1250 AF:中央一点(AIサーボ)
もう少しSS(シャッター速度)を出したかったですが、早朝の薄曇りなので「これで勝負です」。
PCで、露出補正とトリミングしています。

お腹方向


真正面

ピントが甘いですが、難しい正面なのでOKかな。

水飲み

唯一の水飲みを捉えました。
(狙ってでは無く、偶然撮りです)
ツバメの水飲みは「水面ギリギリを飛んで下顎で水を飲む」をイメージしていましたが、頭を沈めていました。


飛び出しは、背中方向だったので水が被ってボケました。

ランデブー飛行

「惜しい」でした。ピントが甘かったです。
追っかけっこしていたので、超高速飛行でSS不足でした。



危機一髪の正面衝突寸前

紙一重で、擦り抜けました。

その他にも、色々と撮らせてくれました。



朝食中で、水面付近を飛んでいる虫(たぶん蚊)を捕食していたので、容易に飛行ルートを予想できました。

15~20分もカメラを振ると腰が痛くなってきたので、終了でした。

ツバメを撮っていると・・・・
『カラセミ』

目の前を弾丸飛びしました。
ステルス機ではないですが、超高速飛行でした。
超高速でしたが、水路を真っ直ぐ飛んできたので「我ながら上手くロックオンして、捉えました」。


羽ばたくとSS不足で、ピンボケでした。

『イソシギ』

こちらも高速機ですが、ツバメやカワセミに比べると穏やかです。




2羽が接近している場面も撮りましたが・・・誤って削除していました。

堰の方でも、カワセミを待っていましたが・・・出てくれませんでした。
『ダイサギ』



チョウサギ・アサギ・コサギなども見られました。

『スズメの給餌』

何気なく撮ったら、スズメが幼鳥に餌を与えていました。
長距離だったので、良い色が出ませんでした。

2.5時間の撮影タイム(ほとんどの時間は、のんびりと川を眺めていました)でした。
場所を変えて、鳥撮りを続行します。

昼前後は、大川原高原近くへ行きましたが・・・撃沈でした。

昼過ぎ~夕方は、出島野鳥園です。
ここも鳥の出が悪かったです。
夏色の『モズ』

灰色に替わっていました。
「違う種類かな」と思いましたが、普通のモズちゃんでした。





『ホオジロ』



上が雄。下が雌です。

一日中を鳥撮りしていましたが・・・・貧果でした。

ゴールデンウイーク初日は、不完全燃焼でしたが「好きな事をしたので、満足」でした。

明日は、鳥撮り➡犬の競技会(フライボール)➡鳥撮りを予定です。


皆様が 素敵なゴールデンウイークを過ごせますよう お祈り致します

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近所のチューリップ | トップ | (2017.4.30)の鳥撮り『キビタ... »
最近の画像もっと見る

鳥写真」カテゴリの最新記事