たぬき日和

感音性難聴を患っています
カメラで、鳥や犬猫に野生動物などを撮っています
趣味の釣りやマラソンなとを綴っています

(2017.3.12)の鳥撮り『カワセミ』

2017-03-15 22:28:39 | 鳥写真

3/12(日)のPM4:00です。
先日に続き『徳島城公園』で鳥撮りです。

『耳の日の集い』が近くであったので、帰りに寄ります。
(ブログは、動画のアップの仕方が分から無いので・・・・少し後になります)

ターゲットは、『カワセミ』です。
毎年、冬になると弁天池に姿を現します。
待つ事・・・・10分で、飛んできました。
『カワセミ♀』

カメラを準備していると、ダイビングしました。
メダカサイズの小魚を捕まえていました。
3~5分の滞在で、池を飛び出しました。
人通りりの多い道をすり抜けて、徳島駅方向へ飛んでいきました。
「相当、人慣れしているみたいです」

少し待ていると、帰って来ました。

木々に覆われている場所なので、枝が多く止まり場所も多いです。
撮影距離が10~20mと射程内です。
ダイビングを狙います。

初めの場所では無いですが、約1年ぶりの場所なので着水位置が読めません。
飛び込み位置のパターンを探求しながら撮影です。

1回目は、見逃してしまいましたが2回目にビンゴします。


SS・・・800~1000  ISO・・・1000~1600


日が沈み始めた時間帯と堀に囲まれた場所なので、撮影条件が少し悪かったです。

3回目は、

飛び出しの1枚だけOK結果でした。

5回ほどダイビングすれば、飛び込み位置が分かってきます。
日当たり良い浅場です。
「小魚が外敵から身を守るため、大きな魚が入って来れない浅瀬」と「日当たり良い場所は、エサとなるプランクトンが居るため」と予想します。

推理の合否は分かりませんが、飛び込み位置はほぼ当たっていました。
「魚釣りと同じで、状況判断が大切です」

いろんな場所に止まってくれるので、絵になる写真が撮れます。



距離が近かったので、良い色が出ました。

日陰の飛び込み台になります。

ここからのダイビングは、簡単に予測出来ます。
水面に明暗部分ができているので「カワセミにとって、魚が見付けやすい場所です」。



飛び出しは、カメラが行き過ぎました。

薄暗いので、段々と条件が悪くなります。







最後の飛び出しは、大波を起こす豪快なダイビングでした。

他にも、撮った事の無いポーズをしてくれます。

真上見です。空を飛ぶカラスを警戒していました


食べた魚の骨などは、消化できないので吐き出します。

PM5:00前に、腰痛で強制終了でした。

今日の燃焼系ブログは、550kcalでした。
ステッパーを踏みながら1時間でした。

お粗末様でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (2017.3.12)の鳥撮り『チョウ... | トップ | 1月の鳥撮り遠征『湖北野鳥セ... »
最近の画像もっと見る

鳥写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。