中度難聴者ランナーのCHALLENGE LIFE

中度の感音性難聴を患っています。マラソン・釣行・梅酒作りの趣味を持っています。

2016.10.8の撮影練習『ウミネコ+朝焼け+天使の梯子』

2016-10-12 20:21:08 | 写真

10/8の早朝です。
徳島県の那賀川河口です。

釣行を終えて、出島野鳥園の鳥撮りタイムまで時間が余っていたので・・・時間潰しです。
(先週の釣行時に、『グンカンドリ』が飛んでいたので・・・期待しましたが、出ずでした。)

河口付近には、多くの『ウミネコ』が飛来しています。



ざっと見て、200~300羽です。
出島野鳥園の海岸沿いでは、2000~3000羽が消波ブロックの上に集まっています。

風の強い曇り空ですが、『天使の梯子(はしご)』が出ています。

少し薄目です。
『天使の階段』・『光のパイプオルガン』・『ヤコブのはしご』・『レンブラント光線』と呼ばれています。

「厚い白雲」や「黒い雨雲」が早く流れて、刻一刻と景色を変えています。
光線と背が、黄金色~胴色に変化します。

『ウミネコ+朝焼け+天使の梯子』を絡めての、撮影練習です。
天使の椅子の前を飛ぶウミネコを狙ってみます。





逆光撮りになるので、ウミネコが黒色つぶれて・・・「ウミ黒ネコ」です。

ウミネコも思うように飛んでほしい所へ・・・・飛んでくれません。

少し思考を変えてみます。



難しい・・・・ウミネコと背景の微妙な距離が、全体のバランスが取れません。

少しすると海保の巡視船❓❓が、黄金の海原を通って行きます。


巡視船を絡めますが・・・・



タイミングが合いません。
鳥・雲・船が・・・・思ったタイミングで重なってくれませんでした。

少し高く上った太陽が、輝きを増します。




最後は、カメラの設定を大きく変えて、撮影です。

露出(明るさ)を+3にして、ウミネコの色を出します。
背景が輝きすぎましたが、撮れた写真は「まずまず」かな❓❓。


ホワイトバランスを白熱蛍光灯で、撮影です。
(ナイト撮影で、夜景の輝きを出す時のホワイトバランスの設定です。)

目まぐるしく変わる撮影環境に・・・・四苦八苦して、頭の中は大混乱でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (2016.10.9)の鳥撮り『ハヤブ... | トップ | 『さかもと あかりの里』で... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。