ぶっちのお念仏生活

いかされていきる

おなじ年代

2017-01-04 20:06:57 | 日記
お通夜のごえんに
私とおなじ年代のおかた。
遺影写真を拝見しましたら、
容姿端麗という言葉がふさわしい
くらいのかた。
生きているいじょうは
病気を得ていかねばならないときもある。
この世のいのち
終えていかねばならないときもある。
そのお方のきもちを考えてみるけれど、
本人にしかわからない
深い悲しみ苦しみ。
ご苦労された人生。
おなじ年代の参詣者もおおく
いらっしゃいました。人間には
解決できない問題を
ひとりでかかえていかねばならない、
けれど、
救わずにはおかないと
おはたらきくださっている
おかたがおられるのです。
なんまんだぶつ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お参り | トップ | いいおてらさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。