ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

イラン 1

2016-09-19 20:29:45 | 日記
2011年春にトルコで開いた6カ国協議で、イランは「米政府から個別協議を打診されたが断った」
イラン高官は非公式な場で「米国の軍事的な脅しがある以上、交渉を進めることができない」と繰り返していた
米国は政治的に対立する中ロを抜いて協議をしたい
イランも米国との個別取引で合意すれば経済制裁の解除が可能になる
イラン近隣のオマーンは、両国の利害が一致することに目を付けて仲介を打診した
イランは強硬派だった前大統領、アハマディネジャドの時代だったが、6カ国との「表交渉」とは別に、12年ごろから米と個別の「裏交渉」を進めた
ケリーは迷彩服に身を包んで軍人に変装し、米軍の兵員輸送機でオマーン入り
米国は、表向き武器の商談を装った秘密交渉を英国やフランスにさえ知らせなかった
 13年夏、穏健なロウハニがイラン大統領に就いた
過去に留学生や外交官としてサンフランシスコやニューヨークで過ごし、米国人の考え方を熟知しているザリフが外相となった
イランと6カ国が13年秋に発表した、核開発に関する「原則合意」は、この秘密交渉で固めた原案が柱となった
15年4月には「イランの核開発を今後10年以上制限し、見返りに米欧が経済制裁を解除する」という内容を軸に、「枠組み合意」をまとめた
湾岸協力会議(GCC)に加わるサウジなど湾岸6カ国はいずれもイスラム教スンニ派が政権を掌握し、シーア派のイランの伸長を嫌う
安保理常任理事国にドイツを加えた6カ国とイランの協議は15年4月に「枠組み」で合意
米国は15年5月、核協議について説明するため湾岸6カ国を招いて首脳会議を開こうとしたが、サウジをはじめ4カ国のトップが訪米を見送った
 6月27日にウィーンで米・イランの外相会談が始まった
軍事査察などの義務履行を迫るケリーに「脅迫するような言い方はやめるべきだ」とザリフが反発した際、ロシア外相のラブロフが「ロシアにも(脅迫しないで)ね」と冗談めかして付け加え、笑いが漏れる場面もあった
室外にいた警備員が何事かと驚くほど、2人が怒鳴り声で応酬した場面もあった
協議の終盤で、反戦運動も経験したケリーはベトナム戦争での悲惨な体験を語った
「若者に同じ体験をさせたくない」と言葉をつまらせると、ザリフはじっと聞き入った
イランはネットで情報戦をしかけた
ザリフ外相はユーチューブに映像メッセージを投稿し、核協議を早く片付けてテロリスト鎮圧に取り組むべきだと訴えた
自国民より米欧の視聴者を意識して英語で話しかけた
7月9日、ロシアのラブロフ外相が 「武器の禁輸は速やかに解除されるべきだ」
ロシアはイランへの制裁解除を見越し4月に高性能地対空ミサイルの供給を表明していた
 イランの最高指導者ハメネイ師は、3度目の延長を決めた後の11日、演説で「米国は傲慢さを体現している。(合意後も)傲慢さとの戦いを続ける準備をせよ」
7月13日、中国の王毅外相は「もう延長はできない。どんな合意も完璧にはなり得ない」

イランと欧米など6カ国は2015年7月14日、解決に向け最終合意した
「包括的共同行動計画」では、イランの核開発能力を大幅に抑制することで核兵器に必要なウランなどの蓄積に1年以上を要するようにする
イランはウラン濃縮に使う遠心分離機について現状の3分の1以下に減らし、この状態を10年間維持する
西部アラクで建設中の重水炉は設計を変更し、兵器に使えるプルトニウムをつくれないようにする
IAEAが核関連施設を厳しく査察することで核兵器の保有を封じ込める
イランは15年以上にわたり、核兵器向けの高濃縮ウランやプルトニウムを製造・取得しないと約束した
1979年のイスラム革命以来、米国を「大悪魔」、イランを「悪の枢軸」と呼んできた両国が互いの存在を認め合った

イランが合意を順守しているかどうか検証するのがIAEA
イランと対立した場合は、イランと6カ国でつくる委員会が判断する
合意違反があれば、国連決議に基づく対イラン制裁は復活する仕組み


ケリー米国務長官は3週間近く交渉が行われたウィーンに張り付いた
フランスのファビウス外相はアフリカ訪問をキャンセルした
ロシアのラブロフ外相や中国の王毅外相は本国との間を何度も往復した

イランのザンギャネ石油相は14日、足元の輸出量は約110万バレル
原油輸出に制裁を科す前の半分以下に落ち込んでいる
イランの6月の生産量は日量280万バレル
老朽施設の更新が急務で、2022年までにエネルギー産業に1800億ドル(約22兆円)を投資する
「輸出は制裁解除直後に日量50万バレル増える。6カ月後には100万バレル増えるだろう」
近い将来に輸出量は日量250万バレルまで回復する
金融取引への制裁で厳しい制約があった貿易決済も容易になる





ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中東 103 | トップ | イラン 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。