ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

悲劇  6

2016-12-28 19:45:22 | 日記
トルコ西部の港町、イズミール
アブドラ・アムロさん
「ありとあらゆる場所がで空爆が起きていました。本当に最悪の状況でした。」
「金物細工の職人をしながら家族6人で暮らしていましたが、同僚の家にミサイルが直撃して、彼は子どもと一緒に亡くなってしまいました。“もう逃げるしかない”と思いました。」

ギリシャのキオス島にある難民キャンプのシリア人支援団体幹部
「よりよい生活が期待できるヨーロッパに、多くの難民が行きたがっています。家は破壊されても建て直せばいいが、子どもの将来は1度壊れたらもう直せません。」

2016年9月19日
経済協力開発機構(OECD)は、「国際移民アウトルック2016」を公表した
日米欧など加盟35カ国の難民申請受付数は2015年に前年からほぼ2倍の165万件となり、過去最高を記録した


2016年10月18日
国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、モスル奪還作戦の開始直前に発表された「ダーイシュ(ISISのアラビア語の略称)が犯した罪のために処罰される人々」というタイトル
拘束されたり拷問された人やそれを目撃した人、殺害されたり、行方不明になった住民の親族ら470人超の証言を基にまとめられた
5月にはファルージャの北の町シジルから逃れた地元部族の男たちがイラク軍の制服を着た男たちに身柄を引き渡され、確認されただけで成人男性12人と少年4人が殺害された
6月には、ファルージャの北西から逃れたメヘムダ部族の男たちざっと1300人(未成年者を含む)が地元当局に引き渡される前に民兵に拷問された
イラク政府軍と民兵組織がテロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)の支配から逃れた何千人もの民間人を拷問し、恣意的に拘束・処刑している

国連人口基金(UNFPA)は10月20日、2016年版の世界人口白書を発表した
途上国の状況について、女性への教育が男性に対するものよりないがしろにされる土壌がある
学校に行けない少女が若くして結婚を強いられ、妊娠・出産することで健康まで損ねる場合もある
開発途上国の10歳の少女約5400万人が18歳まで教育を受けられれば、そうでない場合と比べ、途上国全体で今後15年間に増える収入が約210億ドル(約2兆2000億円)に上る

2016年10月4日
シリアの内戦勃発からすでに約5年6カ月が経過した
2007年から2009年に発生した米国の国内総生産(GDP)は年率で平均3.5%減少した
失業率は2009年10月に10%の高水準に達した
同じ年には14.3%の米国民が貧困線を下回る生活を送っていた
シリアの経済は、GDPが2013年に30%減少し、14年さらに36%下がった
国民の82%が貧困線以下で生活しており、失業率は60%

ジョージ・ソロス氏 (ハンガリー生まれのユダヤ系米国人)
開かれた社会は常に危険を伴う
IS=Islamic Stateやアルカイダのようなジハード(聖戦)主義のテロリストは、欧米社会のアキレスけんを発見した
それは死に対する恐怖心だ
ぞっとするような攻撃や身の毛もよだつような映像を通して、死に対する恐怖を呼び起こし、増幅する
これによって、通常は分別のある開かれた社会の人々が理性を失ってしまう
 テロリストの究極の目標は、世界中のイスラム教徒の若者に「テロ以外の選択肢はない」と確信させることだ
死の恐怖が、欧州や米国における潜在的な反イスラム感情を呼び覚まし、増幅し、非イスラム教徒がすべてのイスラム教徒を攻撃してくる可能性があると思わせるようになる
 テロに対するヒステリックな反イスラム的反応は、欧米に暮らすイスラム教徒の間に恐怖や怨嗟(えんさ)を呼び起こしている
その結果、テロリストが生まれる
これは互いに強化し合い、反応し合うプロセスだ
 こうした状況に歯止めをかけ、反転させるにはどうしたらいいのだろうか
開かれた社会の根底にある価値観や原則を放棄し、恐怖が主導する反イスラム的衝動に敗れてしまうことが答えでないのは確かだ
ただその誘惑にあらがうのは難しいかもしれない
 聖戦主義者のテロによる危険を取り除くには、これを打ち破るための戦略が必要だ
シリアの紛争を考えてほしい
これはEUの存亡の危機を引き起こしている移民問題の根本的な原因だ
この問題が解決されれば、世界情勢は改善するだろう
ISが弱い立場に置かれていることを認識することが重要だ
世界に恐怖を広げているものの、その本拠地における立場は危うくなっている






ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悲劇  5 | トップ | 初詣  1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。