ブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

風車  100(ウクライナ)

2017-10-04 21:04:38 | 日記
12日、ブリュッセルでのEU首脳会議
ポロシェンコ大統領は「ウクライナは無条件の即時停戦を主張したが、ロシアが70時間の猶予を要求してきた」
ウクライナの和平実現へ各国が協力するとともに、ロシアに圧力をかけ続ける必要性を確認した
フランスのオランド大統領は「合意はもろい。実効性を確保しなければならない」
ドイツのメルケル首相は、ロシアが合意を守らない場合は「我々は追加制裁の発動を除外しない」
ポロシェンコ大統領は停戦合意について「今後のプロセスも簡単ではないだろう」
EUのトゥスク大統領は「合意は希望をもたらしたが、過去の悪い経験もあり、(ロシアに対して)我々は非常に慎重だ」
「紙に書かれた言葉が実際の行動に移されなければならない」
「そうでなければ必要な措置をためらわない」
ロシアの対応を見極めるために、現在発動を見合わせている親ロ派やロシア要人などへの制裁は予定通り16日に実施する


ウクライナ軍は、12日夜も東部ドネツク州の交通の要衝、デバリツェボの周辺で親ロ派勢力が激しい砲撃を継続した
12日朝からの24時間で政府軍兵員8人が死亡し、34人が負傷した
 デバリツェボは親ロ派の二大拠点であるドネツク市とルガンスク市を鉄道で結ぶ戦略的な要衝にあたる


親ロ派幹部は13日、前日からの戦闘で少なくとも42人の政府軍兵員が死亡し、10人の一般市民が犠牲になった
停戦の期限の直前まで政府軍への攻勢を続ける
ドネツク州の親ロ派幹部、バスリン氏は「合意は守るが、デバリツェボは我々にとって安全保障上の問題だ」

ポロシェンコ大統領は12日夜、ブリュッセルで「合意の署名直後に攻撃を仕掛けてきた」
これに対しドネツク州の親ロ派は13日、停戦の合意後にウクライナ軍が42回にわたって親ロ派を攻撃した

親ロ派幹部によると主要都市ドネツク周辺では13~14日の政府軍による砲撃で4人が死亡した

ウクライナ東部では15日午前0時(日本時間同日午前7時)、政府軍と親ロシア派武装勢力による停戦合意が発効した

EUは16日、ロシア政府やウクライナ東部の親ロシア派幹部への資産凍結などを発動した

主要都市ドネツク北東の要衝デバリツェボでも市内の政府軍と包囲する親ロ派のにらみ合いが続き、親ロ派は政府軍に投降を呼びかける一方、市内への砲撃を強めている。
親ロ派はウクライナ軍が武器を手放せば、デバリツェボから安全に退去できるようにするとしているが、政府軍報道官はこれを拒否。「ミンスク合意に基づき、デバリツェボはわれわれの地だ。退去はしない」
親ロ派指導者デニス・プシリン氏は「相互に装備を撤去する」ことにのみ応じる用意がある
デバリツェボの包囲を終え、15日に発効した停戦合意の対象地域ではないと主張した


デバリツェボが陥落すればウクライナ側の反発で停戦合意が破綻しかねないと懸念を強め、メルケル独首相は16日、ロシアのプーチン大統領と電話し、停戦に向けた親ロ派への影響力の行使を求めた
ただ「親ロ派はプーチン氏の意向に忠実に動いている」(欧州外交筋)との見方も広がっている
ロシアのウシャコフ大統領補佐官(外交担当)は16日、「以前と比べるとデバリツェボ周辺の状況は改善した」


親ロ派幹部は17日、「デバリツェボをほぼ制圧した」
「デバリツェボは我々の領土であり、戦いをやめることはできない」
ウクライナ政府軍兵士、150人を捕虜にした

プーチン大統領は17日、「ウクライナ兵士が武器を置くのを(ウクライナの)指導部が妨げないことを望む」
ロシアを後ろ盾とする親ロ派に対しては、武装解除後のウクライナ軍の撤退を容認するよう求めた
「誰が武器供与しようが(兵士の)犠牲者を増やすだけだ」

親ロ派幹部は同日、デバリツェボ市内にいる約5千人の政府軍部隊の降伏に向けた交渉が始まった


17日、国連安保理で緊急の会合が開かれ、ロシアが提出した、すべての当事者に停戦合意を完全に守るよう求める決議案の採決が行われ、全会一致で採択した
アメリカのパワー国連大使は、決議を歓迎しながらも、これまで停戦に向けた動きを阻んできたのはロシア側だ
ウクライナのセルゲーエフ国連大使も「ロシアは和平を主張するが、それは紙の上だけで、実際の行動は全く違う」
ロシアのチュルキン国連大使は「合意を守ろうという呼びかけになぜ敵意で応じるのか」と反発した






ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風車  99(ウクライナ) | トップ | 風車  101(ウクライナ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。