ただ生きるのではなく、よく生きる

自然の法則をとらえ、善(よ)く生きるために役に立つ情報を探して考えてみる

反対を唱える場合の一番礼節にかなったやり方

2017-07-06 19:01:56 | 知恵の情報
反対を唱える場合の一番礼節にかなったやり方は、修正動議を持ち出すことである。
つまり、一見賛成に見えながら、実は事態の本質をかえるていのものを付け加える
わけである。こういうことに気づく人はあんがいすくないものだ。
 
ことに婦人に対しては、この行き方は驚くべき効果がある。婦人がたは、問題
そのものよりも、自分の言い分が通る形式のほうを重視するものだからである。
(書簡 友情)

─『希望と幸福 ヒルティの言葉』 秋山英夫訳編 現代教養文庫
  社会思想社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最良の友とは、いつでも、苦... | トップ | あなたがわたしをいやしめる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。